« 為替の見通し~狂乱するマーケット ~ | トップページ | 官民投資プログラムの効果は?(2) »

2009年3月29日 (日)

来週の見通し  ~最悪期は脱した?~

来週の見通し ~最悪期は脱した?~

来週の注目イベントは

  • 3月31日には米ゼネラル・モーターズ(GM)、クライスラーに対する米政府の追加支援
  • 4月2日 G20

過熱気味の株式相場、落ち着きを戻す展開になるだろうが、

サポートを踏み固めながら右肩上がりトレンドに向かうには米マーケットがオバマ・ガイトナーのプランの欠点に気づかない事がポイント。

-------------------------------------

===まず世界インデックスのチャートから===

=== 主要株価指数の底    その他主要国の動向===

=== 全般 ===

銀行家「攻撃」予告も…金融サミット間近、ロンドン厳戒

金融サミット前に数千人がデモ=ロンドン

=== 原油・コモディティ・リート ===

石油天然ガス・金属鉱物資源機構 中国:国をあげて石油資源調達へ -エネルギー安全保障と外貨準備の運用-

=== 米国 === ~   ~

ニッセイ基礎研究所 米国住宅ローン市場の現状と課題-持家政策と住宅金融政策:住宅価値の評価と活用を考える

第一生命経済研究所  米国 金融危機の行方(6) バッドバンクとしての官民投資プログラムの詳細公表- ~実効性への不透明感残存

金融安定化 ガイトナー・プランをみる眼 ~不良債権買取スキームは買い手優遇に力点

住友信託銀行 米国債買取り後の米国金利・経済の見通し:経済の動き

=== 欧州 ===    ~ ~

みずほ総合研究所 みずほ欧州経済情報(2009年3月号)~トピックス:内外に不安材料を抱える欧州景気動向と中東欧リスク

=== オセアニア ===  ~~

=== BRICs ===  ~~

三菱東京UFJ銀行 世界景気後退下のNIEs経済の行方

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 2009年アジア主要国の経済見通し

大和の中国情報 4月号 内陸部の復権?

みずほ総合研究所  中国金融経済動向データ月報 A.マクロ経済編(「GDP伸び率長期推移」など18個のグラフとコメント)

大和総研  ロシアのジレンマ

国際貿易投資研究所 拡大が進んだブラジルの対中貿易

=== 日本 === ~ ~

年度末はしっかりか、4月入り後は需給の変化で警戒感=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、しっかりの展開になりそうだ。海外勢の売りが減退するなか、年度末でショートカバーを中心とした買いが入りやすく、31日まで市場の過熱感を修正しながらも日経平均株価は9000円を目指す展開が予想される。4月に入ってからは年度替わりで需給の変化が予想されるなか、3月企業短期経済観測調査(短観)、20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)や北朝鮮のミサイル発射問題などを点検しながら神経質な展開が予想される。

 来週の日経平均株価の予想レンジは8300円─9000円。

今週の見通し・株式 上昇は一服、もみ合う

=== 参考書籍 ===

パラダイム・シフト(大転換)―世界を読み解く パラダイム・シフト(大転換)―世界を読み解く

著者:榊原 英資
販売元:藤原書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

覇権国アメリカの終焉―相場を通じて見える世界 覇権国アメリカの終焉―相場を通じて見える世界

著者:宇野 大介
販売元:時事通信出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践 Book サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

著者:中原 圭介
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

------------------------------------------------

ビジネスマンの必読書『週刊ダイヤモンド』 ★最新号が送料無料★

楽天証券 マネックス証券 SBI証券 オリックス証券 松井証券
FXならひまわり証券 外為どっとコム みんなのFX マネックスFX トレイダーズ証券 外為オンライン

|

« 為替の見通し~狂乱するマーケット ~ | トップページ | 官民投資プログラムの効果は?(2) »

見通し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 為替の見通し~狂乱するマーケット ~ | トップページ | 官民投資プログラムの効果は?(2) »