« 米国の “過剰消費体質”は変わる? | トップページ | 来週の見通し »

2009年3月21日 (土)

為替の見通し ~保護主義と通貨の切り下げ~

為替の見通し(2009/3/23-) ~ 保護主義と通貨の切り下げ~

----------------------------

経済産業研究所 続・国際金融危機とアジア通貨

三菱東京UFJ銀行  Forex Report Weekly

大和総研 為替MARKET VIEW 2009年3月16日~日米欧中銀:利下げから信用緩和/量的緩和へ、為替:日本売り一巡後も円安基調持続か

◆米連銀、英中銀、ECB,日銀、スイス中銀はほぼ同じような政策を追求することになった。伝統的政策分野では、ECBが今後さらに政策金利を引き下げる可能性が残っているが、その後の政策の方向性は決まっていると言っていいだろう。その方向はクレジット・イージングとゼロ金利を伴わない量的緩和だろう。

<為替>
◆円相場は、日本売りによる円安が収まる兆しがあり、株価との逆相関が回復しつつあるようにみえる。ただ、リスク回避の円安が収まったからといって円高に戻るとは限らない。

◆機関投資家に比べ個人投資家の対外投資は消極的で低水準にとどまっている。個人マネーの潜在的な拡大余地が大きいことも考え合わせると、金融市場の安定とともにリスク選好の円安が進む余地は十分にあるとみるべきだろう。

三井住友銀行 

ドル/円 レンジは不変 

  • 米国の政策対応に注目。

ユーロ/円: 方向感なし

             来週年の予想レンジ
  ドル/円     95.00-98.00  円
  ユーロ/ドル   1.3000-1.3500 ドル
  ユーロ/円    126.00-130.00 

北辰物産 保護主義的思想と通貨の切り下げ、アメリカ-「長期国債買い入れ」というFOMCの決断、欧州-英経済に混在する強気と弱気、特集-スイス:為替介入が世界に与える影響...

~ USD/JPY : 94円の支持帯~

~ AUD/JPY:  68円はあるか ~

-------------------------------------------------------------

~FXを始められる方へ~

世界株式市場が下降バイアスを強める中、FXが俄かに注目を集めているようです。だが、急激過ぎる円高で損失拡大に直面してる人も多い。

また初心者の方で、ビギナーズラックで調子に乗ってしまって、失敗する人も実際多いと思うので、僭越ながら僕からのアドバイス。

欲を出さないこと。自分を律することができる意思の強い人が向いているでしょう。(もし自信の無い方は、レバレッジ1倍のロングになるが、外貨預金が良いかもしれません)

失敗例)

  • 最初に設定した目標利益に達した時、まだポジション保有しておけばもっと利益がでるかも。。。と思う
  • 逆に反対方向に動いた時、そのうち反転するだろうとstopを守らず、ポジションをキープしてしまう。
  • 何度か利益を出していくうちに、だんだんとレバレッジを上げたり、ポジションを増やしたりする。

人間ってほんと弱いです。勝ちが続くと、初心を忘れてしまい分かっていてもついつい調子に乗ってしましがち。

為替相場については

  • クロス円(特に高金利通貨)ロングの人が多い
  • 株式相場以上にボラタイルである
  • 株式相場に比べてファンダメンタル、要人発言に反応しやすい。
  • オーバーシュートしやすい
  • マーケットが小さいため大口投機筋に相場が荒らされやすい。
  • 今の相場は非常に不安定でマインドで左右されやすい。

特に現在の荒れた相場では『小さい利益を積み重ねる』方針が良いと思う。スワップ派の人も押し目を少しずつ拾っていきましょう。そのためにはチャートもある程度、読める必要があります。

===参考書籍===下記の書籍は僕が読んで良かったと思うものからピックアップしています。

一目均衡表の基本から実践まで (よくわかる!シリーズ) Book 一目均衡表の基本から実践まで (よくわかる!シリーズ)

著者:川口 一晃
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

*** 初心者にも分かりやすい***

外国為替トレード 勝利の方程式 Book 外国為替トレード 勝利の方程式

著者:今井 雅人
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

*** こちらも定評があります。***

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ) Book 高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

著者:マーセル・リンク
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

*** チャートの見方などはとっても参考になります。2000円の本を3冊買うよりこの本一冊の方が価値があると思う。***

このブログも少しは参考になるかもしれません。

どこの会社が良いのか?たくさんある業者の特徴をまとめましたので、参考に。FXについて

分からないことがあったりしたら、コメントしてもらったら、分かる範囲で返事しますので、気軽にコメントして下さい。

--------------------------------------------

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ  FXについて

------------------------------------------------

ビジネスマンの必読書『週刊ダイヤモンド』 ★最新号が送料無料★

楽天証券 マネックス証券 SBI証券 オリックス証券 松井証券
FXならひまわり証券 外為どっとコム みんなのFX マネックスFX トレイダーズ証券  外為オンライン

|

« 米国の “過剰消費体質”は変わる? | トップページ | 来週の見通し »

FX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国の “過剰消費体質”は変わる? | トップページ | 来週の見通し »