« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

シカゴPMI 48.2 市場予想平均の46.0を上回る!!

速報です。

シカゴPMI 48.2 市場予想平均の46.0を上回る

------------------------------------------------

SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0)

ユーロポンのロングが良さそう!!

こんばんは。しばらく前に買った書籍で良かったと思うのあったので紹介します。ちょっと値が張るので迷った末に思い切って購入?忙しくてまだちゃんと目を通していなのですが、為になりそうです。高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

簡単にテーマを挙げると

a.. 成功するトレーダーたちに共通する10の特徴を知り、それを身につけるための方法
b.. トレーディングという勝負の世界で感情をコントロールするための方法
c.. トレンド、ブレイクアウト、リバーサルなどを見つけるためのテクニカル分析の手法
d.. 効果が市場で実証されたシグナルに基づき、常にベストな仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る方法
e.. 「ニュースでトレード」する方法――ニュースがすでに価格に織り込み済みかどうかを見抜くことが大切
f.. 損失が拡大する前に悪いトレードを手仕舞う方法

テクニカル分析「複数の時間帯のチャートの使い方」は参考になりました。例えば、短期トレードの場合、まず日足、時間足で全体像を掴み、1分足、5分足、10分足を使い分ける方法など。

興味のある方は本屋さんで眺めて下さい。

---news---

英ポンドが対ユーロで最安値、住宅価格下落で売り加速

31日の欧州外為市場では、英ポンドがユーロに対して過去最安値をつけている。3月の英住宅価格が6カ月連続で下落したことが嫌気され、ポンドは下げ幅を拡大している。英不動産コンサルティング会社ホームトラックの調査によると、3月の英住宅価格は、前月比0.2%下落した。前年比では0.4%上昇。BOE(英中央銀行)の当局者がポンドは一段と下落する余地があるとの見方を示唆したことから、ポンドは前週売られていた。

*** ユーロポン ロングが良さそう

5分足チャートは20080331eurpond

***

英金融街で、1万人失職へ=サブプライム余波-産業連盟

*** 大きな打撃を受けてます。金融街シティーで働く金融マンのうち、1万―1万1000人が5月末までに職を失う見込み!!***

中国はインフレ抑制のため金融引き締めスタンスを堅持=人民銀行

 中国人民銀行(中央銀行)は31日、世界経済の先行き不透明感が高まっているものの、インフレを抑制するためにきつめの金融政策を維持する、との考えを示した。

*** インフレ抑制に重点をおきましたか。株価浮上は遠のいた感じ。***

3月のユーロ圏消費者物価指数速報値は+3.5%、過去最高

*** 同じくインフレで悩むユーロ圏、成長鈍化も著しく、金利上げはしばらくできないだろう。そろそろ金融緩和の局面が近づいてきてるように思う。***

------------------------------------------------

SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0)

米国の住宅市況について

米国の住宅市況についての記事を紹介します。

米追加利下げの見方、大勢に=住宅販売と耐久財データ悪化で

-米FRB幹部はリセッションの見方に否定的-

【2008年3月27日(木)】 - 前日、米商務省が発表した新築住宅と耐久財受注は、いずれも軟調。市場では、米国経済はすでにリセッション(景気失速)に入っているとの見方が確認されたとして、FRB(米連邦準備制度理事会)による追加利下げの期待を一段と高まっている。

 しかし、この日講演した二人のFRB幹部は、リセッション(景気失速)の見方には否定的で、市場とFRBとの温度差が広がったままだ。

2月新築住宅販売、ピーク時を58%下回る=下げ幅縮まるも

 2月の新築住宅販売件数は、前月比1.8%減の年率換算59万戸と、市場予想の58万戸を上回り、下げ幅が縮まった。しかし、販売件数の水準は、依然、1995年2月の55万9000戸以来13年ぶりの低水準だ。また、4カ月連続の低下となり、ピークだった2005年7月の138万9000戸から57.5%低下している状況だ。このため、アナリストはまだ、新築住宅市場は最悪期を脱したとは見ていない。住宅ローンの貸し出し基準の厳格化と住宅価格のもう一段の低下を期待した住宅購入の買い控えが続いていると見ている。

2月中古住宅販売、当面は悪化続く見通し=底打ちの兆しでも

 これより先、NAR(全米不動産業協会)が24日に発表した2月の中古住宅販売件数は、前月比2.9%増の年率換算503万戸となり、市場予想の486万戸を大幅に上回った。このため、エコノミストは、中古住宅販売に底打ちの可能性が出てきたとみている。しかし、それでも、早くて今年の夏ごろが底と見られている。

アナリスト、新築住宅価格はもう一段の低下必要との見方

 新築住宅の価格の中央値は、前月比8.2%上昇の24万4100ドルとなり、前年比も2.7%低下と下げ幅が縮まった。これは、50万ドルを超す高額物件の占める比率が前年同月の8%から10%に高まったこと、また、20万ドル未満の物件の比率も39%から33%に減少したためだ。それでも、アナリストは、新築住宅の需要を喚起するにはもう一段の価格の低下が必要だと見ている。

 全体的に、住宅価格は売れ残り在庫が高水準にあるため、低下傾向にある。25日に発表された1月のS&P/ケースシラー住宅価格指数を見ると、これは中古住宅の価格動向を示すが、全米主要20都市の住宅価格は前月比2.4%低下し、18カ月連続で低下している。また、前年比10.8%低下で、S&Pのアナリストは、依然、価格の底打ちの兆しは見られておらず、来年初めまで価格の下落が続くとしている

新築住宅在庫、依然高水準=着工減続く

 他方、2月末時点での新築住宅の売れ残り住宅在庫は、前月比2.1%減の47万1000戸となり、減少が続いている。しかし、2月の販売ペースで計算すると9.8カ月分相当の在庫水準で、1月とは変わらずとなったが、依然、1981年以来27年ぶりの高水準が続いている。ちなみに、この在庫数は供給全体の44%を占め、2年前の住宅ブーム時の21%の約2倍だ。こうした高水準の在庫をかかえる建築業者は住宅着工を控えており、2月の一戸建て住宅着工件数は前月比6.7%減(前年比40.5%減)と17年ぶりの低水準となっている。また、2月の一戸建て住宅建築許可件数も同6.2%減(同41.9%)と17年ぶりの低水準だ。

2月耐久財受注、予想を大幅に下回る

 一方、機械などの資本財の需要動向を示す耐久財新規受注は、2月に前月比1.7%と、1月の4.7%減に続いて2カ月連続の減少となった。市場予想の0.8%増を大幅に下回り、外需(輸出)の伸びを下回っている。特に設備投資の動向を示す資本財受注は、1月の1.8%減から2.6%減と悪化。エコノミストはこの結果を受けて、製造業の生産縮小は今後、一段と強まるとし、リセッションはかなり強いとみている。

金利先物市場、追加利下げ織り込む

 金利先物市場では、これらの統計発表後、CBT(シカゴ商品取引所)のFF金利先物の5月物は、4月29-30日のFOMC(公開市場委員会)で政策金利が現行の2.25%から2%へ0.25%ポイント引き下げられる確率を100%織り込んだ。さらに0.5%ポイント引き下げる確率は、前日の28%から36%に上昇している。また、6月物も、6月24日のFOMCで1.75%に利下げする確率が、前日の62%から74%に大幅上昇している。

FRB幹部、リセッションに否定的

 この日、ダラス地区連銀のリチャード・フィッシャー総裁は、地元テキサス州での講演で、依然、インフレ懸念を持っているとし、利下げで景気が回復したときにはインフレが一段と高まる恐れがある、と述べている。また、同総裁は、景気の見通しについて、景気悪化が続くが、それは、思っている以上にやや長く続く可能性があるとした。しかし、「リセッションという言葉は使わない」と釘を差す。金融市場の問題解決についても、「特にインフレ懸念が続いているときは、金融政策は金融市場を回復させる手段としてはベストではない可能性がある」と指摘。ここ数カ月、FRBが採用した異例の流動性対策を容認する姿勢を示し、追加利下げには消極的だ。

 また、シカゴ地区連銀のチャールズ・エバンス総裁も26日のニューヨークでの講演で、今のFF(フェデラル・ファンド)金利の誘導目標は「金融緩和的になっている」と述べている。景気刺激には十分な水準だとし、追加利下げには消極的だ。また、同総裁は、昨年後半に実施した利下げの効果が出始めており、景気を押し上げるとの見方を示した。同総裁は、これまでの大幅利下げは景気後退リスクに対する保険で、その効果が発揮されてきている時に、さらに保険を増やすことは理解できないとも述べている。

 景気の見通しについても、同総裁は、「経済はかなり弱いが下期から状況は良くなる」とし、「リセッションという表現は適切ではない」と述べている。さらに、「景気後退がどのくらい厳しくなるかを話すのは時期尚早だ」とも述べ、リセッションには否定的だ。(了)

------------------------------------------------

SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

来週のイベントと割安サイン

こんばんは。

---来週の重要指標・イベント---

  • 4/2  22:30  米  バーナンキの上下両院合同経済委員会で証言
  • 4/3  23:00  米 3月の米供給管理協会(ISM )景気指数
  • 4/4  21:30  米 雇用統計
  • ---投信 割安サイン---

    週足3年の基準価格分析(中心線は25日MAではなく単純平均で算出してます)ではほとんどのファンドが-2σを下回っています。

    中でも-3σを下回っているのはエマソブ・グロソブ・JPMCB95。

    ボリンジャーバンドでは

    「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
    「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%
    「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

    -3σを下回ることは運用開始以来または過去3年間で0.3%未満で起こる割安水準。

    だからと言って必ずしも買いと言う訳ではなく、為替次第でさらにダウンする可能性も十分あります。

    ---ニュース---

    FRBの監督権限強化へ 米の金融行政抜本見直し

    サブプライム問題は、資金繰りが悪化した米証券大手の救済にまで拡大しており、金融システム安定維持のため、業態ごとに縦割りの監督機関改革を進めたい意向。

    *** うん、当然の意向ですね。***

    ベアー買収の動揺、欧州に波及
    破綻の危機にある金融機関はいくつあるのか

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    基準日 ピクテ・グロイン エマージング・ソブリン グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) JPM グローバル・CB・オープン'95
    2008/3/28 9606 9252 7437 9325
    2008/3/21 9517 9288 7407 9237
    2008/3/14 9638 9397 7600 9308
    2008/3/7 10046 9571 7632 9472
    AVERAGE 11,349 11,197 7,954 10,243
    標準偏差 846 644 157 306
    +2σ 13,042 12,485 8,268 10,854
    +1σ 12,195 11,841 8,111 10,549
    -1σ 10,503 10,553 7,797 9,938
    -2σ 9,657 9,909 7,640 9,632
    -3σ 8,810 9,265 7,483 9,327
    MAX 13,250 12,044 8,265 11,024
    MIN 9,517 9,252 7,407 9,237
    RISK/AVE 7.46 5.75 1.97 2.98

    • ・RISK/AVEは標準偏差÷平均価格で算出。この数値が小さい程価格変動が小さく安定している。
    • 分配金は考慮していません。

    | | コメント (0)

    来週の為替の見通し

    久々にドル円を分析してみた。

    日足1年チャートで見ると

    25日MAはまだ下降。

    しかしMACDは26日あたりにマイナス圏のゴールデンクロスしており、やや強めの買いサインが点灯。

    20080330usd_y

    ボリンジャーのサポートラインは

    3/30 usd/y
    日足
    -σ 99.20   -2σ 96.14  -3σ 93.08

    ===今後の為替の見通しと戦略===

    長期

    ・96円前半でロング 

    ・102円超えたあたりで戻り売りも面白いか?

    短期

     今週は落ちついた相場だったが、4/2のバーナンキの証言が弱気・慎重なものであれば、ドル売り優勢の展開もあり得る。

     4/4の雇用統計が今後の展開を占う上で大きな重要なポイント!!

     もっともその後に控える欧米金融決算はもっと重要であるが。。。

     ブログのドル円、市場心理はドルロングが強い。

     来週に限れば 98-101 あたりのレンジ相場を予想される。

     98円台前半でロング、100後半でショート。

     ユーロドル、どこまで伸ばすか、も注目。ユーロ圏の状況はドイツ・フランスはやや景況感が改善。アジア等との価格競争に苦戦するイタリア・住宅バブルに苦しむスペイン。中心となるドイツ・フランスの影響強く、利下げもまだ先の見通しの為、ユーロは堅調か?

     ユーロドルのロングが分かりやすいか?

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    信用危機の根本原因の対策となるか?ブッシュ公的支援第一弾

    こんばんは。

    現状の経済低迷が底を打ったと何で判断したら良いのだろう?

    その判断材料の一部として

    • 『住宅価格の下げ止まり。あるいはその見通しが出てくる事』
    • 『サブプライム住宅ローン債務者対策が効果を上げ、住宅差し押さえが落ち着く事』

    があると考えます。株価は見通しが出始めると先読みして動く傾向があので、上記の判断材料がうっすらと見えてくると経済は好転してくるかもしれません。

     さて、いよいよFHA保証の対策が具体化してきました。

    サブプライム借り手数千人対象、米政権が公的支援を検討

    同紙によると、支援策は米連邦住宅局(FHA)の債務保証を活用する。住宅価格が下がり、担保価値を上回るローン返済を強いられている借り手に対し、貸し手の金融機関がローンの一部を放棄することを条件に、借り手が低利のローンに借り換える際、FHAが保証する。借り換えが焦げ付けば、税金での穴埋めが必要となる。

    *** FHA…連邦住宅局

     3月中旬に民主党のバーニー・フランク下院金融サービス委員長が発表した構想に似ており、共和党の反発を招く恐れも残る。ヘンリー・ポールソン米財務長官が26日、「住宅市場を安定させることが金融市場の改善にもつながる」と述べ、FHAを活用した新たな借り手対策に取り組んでいることを明らかにしていた。

    *** 住宅市場の安定が金融市場にも好影響を与えることは間違いないところ。ブッシュの公的な借り手救済策の最初のケースとなるか?このFHAによるサブプライム対策の早期実現・早期効果を望む。***

    関連ニュース

    信用危機、米政府による大規模な救済策は不可避の可能性

     現在の信用危機が始まって以来、住宅投資で2000億ドル近くの損失が計上されたが、エコノミストはこれは予想評価損総額の半分と見ている。一方住宅価格の下落が続き、ローン破たんも急増している。

    担保割れ物件へ公的支援検討=住宅ローン対策で米政府-Wポスト紙

    米住宅不況が深刻化、連邦政府による救済への期待感高まる

    住宅ローン金利の凍結は不適切=米連邦住宅公社監督局局長

    ***金利低下により住宅ローンの借り換えがスムーズにできるようにするには何が必要か?が今後のポイントの一つになるだろう!!***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    今週(3/24-3/30)の投資の運用結果

    今週(3/24-3/30)の投資信託の運用結果をまとめました。

    20080329_1 

    先週比 +1.6%

    今週は分配込みリターン -3.2%となり先週比は1.6%プラスとなりました。

    5週ぶり、久々にチャートが上向きました。米国の指標には、プラスに敏感に反応。気にしてたヘッジファンドの動きも市場に影響するほどの大きいものはなく、静かな一週間だった印象。

    個別では

      好調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    HSBCチャイナ 10.3% 8.9% -5.3% -29.3%
    三菱UFJ チャイナオープン  -8.1% 8.8% -0.3% -14.0%
    PCA 韓国株式 -19.4% 8.2% 6.9% -4.0%
    JFアセアン -21.1% 6.5% 1.9% -13.6%
    ドイチェインド -22.5% 6.0% 2.1% -12.9%
    世界資源株ファンド  24.0% 6.0% -6.5% -13.7%

      低調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    リバース・トレンド 1.9% -3.6% -5.2% 4.9%

    カテゴリ別の成績では以下。

      20080329_2

      ・海外新興国が+5.5%と大きく伸びました。

    (3/24-3/30)のトレード状況

    *** 投資信託 ***

      ポジション追加 

        ラテンアメリカ、韓国、ゴールド

    *** FX ***

      なし

    ---

    コモディティ関連をピックアップしました。詳しくはブログを参照して下さい。

    このまま株価が上昇気流に乗って欲しい!!

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月29日 (土)

    ジム・ロジャーズ世界探検記

    コモディティファンドについて

    ジム・ロジャーズ世界探検記 

    ---特徴---

    • 投資するファンドを通じて、世界のコモディティ(商品)価格の中長期的な上昇を享受することを目標に、主として、債券等に投資するとともに、商品先物取引(商品先渡取引を含みます。)による運用を行う。
    • 為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則行ないません。

    3/26下落のレポートもでていますね。

    国際商品市況の下落の背景
     国際商品市場は、年初以降、米国の追加利下げ観測による米ドル安の進行や相次ぐ生産障害などを受けた供給不安の高まりや、市場への投資資金の流入を背景に上昇基調が続いていました。
     今回の大幅調整の背景には以下の要因が挙げられます。
     ①米国経済指標の悪化などを受けて需要の先行き懸念が強まったこと。
     ②3月18日のFOMC(米連邦公開市場委員会)での0.75%の追加利下げ決 定幅が市場予想を下回り米ドル安の進行に一服感が出たこと。
     ③世界的な金融市場の混乱が続くなか、欧米の投資家や金融機関がイースター休暇を控えポジション整理に動いたこと。

    ---パフォーマンス---

       こちら シャプレシオ 1.32は現在の水準ではとても良い部類。

    ---純資産---

      92.57億円(2008/3/28)  最近大きく減ってきてます。

    ---販売会社 ---

      大和証券

    ---その他---

    ジムロジャースのインタビュー冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)

    • プラチナ 今後ある時点で誰も手を出せないような高値をつけるかもしれない
    • 鉄鋼の先物上場 前向きに議論されている。もし上場が実現すれば当然RICI指数に組み込むことを検討するだろう。
    • 石炭や鉄鉱石の価格は、既に高騰してしまった。世界の景気が減速すれば、農産物よりも石炭や鉄鋼石が大きな影響を受けるだろう。
    • 米国金利の低下は続くと思う。私は、これは誤りであり、また危険なことだと思う。それが現実に起きていることだ。英国でもおそらく金利の低下は続くだろう。EUでも金利を下げそうな気配だ。
    • スタグフレーションに向かっている。

    *** 純資産が下がっているのが気になる。最小預入が500万以上。手数料2.1% 若干デメリットが目立つが、運用状況は良いので少し注目してます。あとジムロジャースもポイントですね。少々激しいコメントが多いのですが、なんらかの参考にはなります。***

    ・知識と経験、精神力の裏づけがあって初めて自分なりの結論を出せるので、その点について尊敬に値すると思う。

    ジムロジャース氏の書籍も人気があるものも少し紹介しておくと

      人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉 大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代 マンガ ジム・ロジャーズ~冒険投資家に学ぶ世界経済の見方 (ウィザードコミックス) マンガ ジム・ロジャーズ ―冒険投資家に学ぶ世界経済の見方 (講談社+α文庫) カウンターゲーム  ウィザードブックシリーズ

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    DBLCIコモディティ6

    今後の投資候補としてコモディティ分野も検討しています。

    コモディティ市場の現状

      過去1ヶ月 過去3ヶ月 過去6ヶ月 過去1年間 設定来
    原油 11.24% 13.97% 47.69% - 52.20%
    灯油 12.03% 11.53% 39.12% - 43.70%
    4.45% 19.42% 41.91% - 40.71%
    アルミニウム 18.67% 22.85% 21.44% - 18.29%
    小麦 21.25% 41.93% 55.80% - 77.33%
    とうもろこし 11.07% 32.32% 50.28% - 46.57%
    合計 12.89% 20.67% 43.48% - 47.93%

    「2月は、当指数に含まれるすべての商品が上昇
    原油や灯油は、投資家からの資金流入が続いたため上昇。月初こそ米国の景気減速懸念から価格が下落しましたが、その後米国製油所の障害などのニュースにより、供給不足に対する懸念が拡大。
     金は、エネルギー価格上昇によるインフレ懸念から堅調に推移。金融市場に対する不安感が強まっていることを背景に、投資資金の退避先として金の魅力度が高まったこともプラスに寄与しました。また、アルミニウムは、中国や南アフリカの電力障害による減産の影響から大幅に上昇。市場参加者の間では、需給が逼迫するとの懸念が高まりました。
     小麦は、干ばつなどの影響により在庫が低水準で推移したため、大幅に上昇。また、とうもろこしは、エタノール生産の原料としての需要や中国の需要が増加するとの観測などを背景に上昇。」(損保ジャパン-DBLCI コモディティ6 直近レポートより)

    DBLCIコモディティ6

    ・特徴は

    • 主として「損保ジャパン-DBLCI コモディティ・マザーファンド」(以下、「マザーファンド」といいます。)への投資を通じてDBLCITM TotalReturn Unhedged JPYの騰落率に償還価額等が概ね連動するユーロ円建債券(以下、ユーロ円債といいます。)に投資することにより、ドイツ銀行グループ商品指数(円建て為替ヘッジなし)が表す商品市況の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指した運用を行う。
    • ユーロ円債への実質投資割合は、原則として高位とします。
    • 流動性が高いと考えられる商品先物で構成することで、商品市況の動きを反映する。
    • 5月決算。

    ・パフォーマンスは3ヶ月 14.3% 6ヶ月 27.3%

     世界経済低迷期にとんでもなく良いリターンです。

    純資産、昨年12月から急速に伸びています。

    ・リスクは運用開始から1年経っていないため、はっきりした数値は出ていないが、同カテゴリの他のファンドでは、市場小さいため、ボラティリティは大きい。ポートフォリオの10%以内に抑えるのが良い。

    ・販売会社は楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券

    ・最新レポートはこちら

    ・基準価格の分析は下表 (2008/3/28現在の基準価格は12,379円)

    DBLCIコモディティ6
    AVERAGE 11,936
    標準偏差 601
    +2σ 13,138
    +1σ 12,537
    -1σ 11,335
    -2σ 10,734
    -3σ 10,133
    MAX 13,088
    MIN 10,750
    RISK/AVE 5.04

    *** 今週購入を考えてましたが、ヘッジファンドの件もあり、様子見。チャートを見るとここ最近の上げが急すぎる為、これから参入する場合、調整時、押し目を拾うのが良いか?今後もこの勢いが続くかどうかは株価次第。あくまでも世界株の保有ファンドのリスクヘッジと捉えてます。今後タイミングを見て少しずつ購入予定。***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    レッグメーソン、流動性悪化懸念

    速報です。

    • 投資顧問会社レッグメーソン社は、同社参加の7つのファンドの信用逼迫を受け た流動性問題解決の方法を探っているとの声明を発表した事から、流動性悪化懸念 が強まっている。リスク回避の動きがでて、クロス円、反落中。
    • ミシガン消費者態度指数も69.5と予想を下回り、73年以来の最低水準!だったのも気になります。が、最近は悪い方向へはかなりな程度、市場は折込始めているようなので、それほど影響はでないか?
    • 「所得税還付を含む景気刺激により、2008年に最大60万人の雇用創出」ポールソン米財務長官

      差し押さえなどの困難に陥っている住宅ローンの借り手に対し、政府はより直接的な支援に乗り出すべきかとの質問には、住宅所有者のうち2%が差し押さえに直面しているにすぎないと指摘。そのうえで「平均的な住宅所有者のために多くの援助を行っている」と語った。 民間の住宅金融機関や債権回収会社などによる借り手支援策により、100万人以上が救済されており、これはサブプライム(信用度の低い借り手向け)住宅ローンの借り手の90%に相当すると指摘した。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    *** 今年の夏はヘッジファンドの正念場のようです!!***

    | | コメント (0)

    2008年3月28日 (金)

    イラクの主要な原油輸出パイプラインが爆破

    こんばんは。

    困ったニュースが舞い込んで来ました。

    イラクの主要な原油輸出パイプラインが爆破

    原油パイプラインの下に置かれた爆弾が爆発し、パイプラインは深刻な打撃を受けた。

    主要な2つのパイプラインのうちの1つで、原油輸出は大きな影響を被るだろう。(イラク南部の都市)バスラから輸出される原油の約3分の1を失うことになる。

    ***  今中東に何かあれば、原油価格、青天井になるかもしれない!***

    ---ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン---

    • 民主党の大統領候補指名を争うクリントン上院議員、米国が日本のような不況に突入する恐れがあるとの懸念を表明。米政府が返済の滞ったモーゲージを買い取るべきだと主張。
    • 米連邦準備理事会(FRB)による対策は大手金融機関の破たん懸念を後退させたが、債券およびローン市場では貸し出しに対する警戒ムード消えず。ポールソン財務長官は、FRBは証券会社に対する監視を強めるべきだと指摘。
    • クリア・チャンネル・コミュニケーションズの買収資金調達が困難になったプライベートエクイティー会社、融資の実行を求めて銀行を提訴。

    *** 米国内では自己責任の風土が強く、モーゲージ買取も前途多難か?***

    米ヘッジファンドの破たん、第1四半期に39億ドル規模=調査

    ヘッジファンド業界専門誌アブソルート・リターンが行った調査によると、2008年第1・四半期に破たんしたヘッジファンドの資産運用総額は約39億ドルに上り、ヘッジファンドが08年に速いペースで清算・閉鎖に追い込まれていることが明らかとなった。

    同誌によると、07年は破たんの時期が夏に集中し年初はわずかであったことから、08年のファンド破たんは07年の合計49ファンド(資産運用総額約186億ドル)を超える可能性があるという。

    「米経済の混乱は当面続く」CEA元委員長が都内で講演

    米大統領経済諮問委員会(CEA)元委員長で米コロンビア大ビジネススクール学長のグレン・ハバード氏は27日、都内で講演し、米経済について「サブプライムローン問題そのものは、さらなる対策を講じれば数か月で底を打つ可能性があるが、経済全体に広がった混乱は続く」と述べた。

     サブプライム問題で金融機関などが直接被る損失額は4000億ドル(約40兆円)規模との見方を示し、間接的な影響を含めるとさらに膨らむと指摘した。

     世界的なドル安の進行については「米経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)を見ても、ドルがさらに急速に下がり続けることは考えにくい」と述べた。

     一方、日本銀行総裁が空席となっていることに言及し、「重要な時期であり、総裁が決まらないと日本への信頼は揺らぐ。日本経済にマイナスだ」と、強い懸念を表明した。成田などの空港会社に対する外資規制導入の動きがあったことについても「多くの国で外資を規制する動きがあるが、間違いだ」と強調した。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    *** 今年の夏はヘッジファンドの正念場のようです!!***

    | | コメント (0)

    2008年3月27日 (木)

    ポンド安、英政府も歓迎ムード!

    こんばんは。期末ということもあり、ここのところ仕事が忙しくて更新が遅くなってしまって申し訳ありません。

    さて、本日の株式市況、日経・アジア・欧州・NYダウいずれも軟調。

    注目の新築住宅、予想を上回りましたが、今回はあまり市場は好感してないようです。

     米国のポールソン財務長官は26日、「住宅ローン市場は引き続き流動性に問題が残されている」、「FRBは自身のバランスシートを守る必要がある」との発言もあり、

    為替、101円をブレイクできなかったため、しばらくレンジ相場になりそうです。ドル円、現在 99円15銭あたり。ユーロドルはトルシエさんの「ユーロ高が欧州経済の成長に悪影響を及ぼす可能性がある」との発言があったにもかかわらず、高騰してます。

    ボンドも今後さらに下げそうです。うーん。ポンド安、英政府も歓迎ムードだ!

    イングランド銀行(英中央銀行)当局者は26日、英経済がこれまでの個人消費依存から輸出主導に向かうなかで、ポンドは一段と下落する可能性があるとの見方を示唆した。  英中銀の首席エコノミストを務めるビーン理事は議会委員会の証言で「金融市場は明らかにリスクが下向きであることを示している。(英国の)経常収支の赤字額を考慮すると、個人的に同じ見解だ」と述べた。  キング英中銀総裁は為替相場に「無関心ではない」としながらも、最近のポンドの下落は「2年前の非常に理解し難いポンド高の調整」との見方を示した。  2007年末にかけて多額の貿易赤字を計上したが、これは英経済を輸出・設備投資主導に移行させる必要性を浮き彫りにしたと述べた。  07年下半期の金融市場の動向は、銀行セクターの問題とともに、長年にわたる国際的な不均衡が一部で解消され始めたことを示唆していると指摘した。  インベステックの首席エコノミスト、フィリップ・ショー氏は、英中銀当局者の発言について、かなり率直なコメントだと指摘。「キング総裁が、経済の調整を歓迎し、ポンド安が調整を支援する方法の一つだとみていることは明らかだ」と話した

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月26日 (水)

    少しファンダメンタルに過剰反応ですね

    こんばんは。

    昨夜の中古住宅販売件数の増加が好感してドル円1円近く上昇。ダウも上げました。本日の消費者信頼感指数は予想を大きく下回ったが、ドル円は落ち着いてます。ダウは-64ドル。

     このところ少しファンダメンタルに過剰反応気味です。それと良い方向に強く反応してるので、もしかしたら市場は既にある程度の悪材料は折り込んでいるのかもしれません。

    しかし、来週4/4金の雇用統計までは安心できませんね。

    ----------

    本日のニュース

    米メリルは追加評価損50億ドルの可能性、CDOなどで-JPモルガン

     米銀JPモルガン・チェースは25日までに、米証券大手メリルリンチの2008年利益予想を45%引き下げた。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連で評価損が拡大するとの見通しを示した。

      JPモルガンのアナリスト、ケネス・ワーシントン氏はメリルの今年の利益予想を1株当たり2.75ドルと、従来の同5ドルから下方修正した。09年については同5.09ドル(従来は5.57ドル)を予想している。

      同氏は、メリルが債務担保証券(CDO)やAlt-A住宅ローン、商業用不動産ローンなどで計50億ドル(約5020億円)の追加評価損を計上する公算があるとの見方を示した。

    米中古住宅価格、大半の主要地域で過去最大の低下=S&P/ケース・シラー

     1月の米一戸建て中古住宅価格は、20地域のうち16地域で前年比で過去最大の低下となった。1月の主要20都市圏の価格動向を示す指数は180.65と前月から2.4%低下した。前年比では10.7%低下した。

     リーマン・ブラザーズのエコノミスト、ミシェル・メイヤー氏は「住宅(市場)の調整が依然として続いていることを示している。軟調なのはバブルとなっていた地域にとどまらない」と指摘した。

     ラスベガスとマイアミで19.3%と大きく落ち込んだほか、フェニックス、サンディエゴ、ロサンゼルスでも10%以上の低下となった。

     主要10都市圏の価格動向を示す指数は196.06で前月比2.3%低下。前年比では11.4%低下した。

    ***  早く底打ちして欲しい。。。今年前半である程度先が見える展開となるか?住宅価格の調整は年内いっぱいはかかる?***

    Bank of China 13億ドルのサブプライム引当金を計上

    2007年決算は31%増益となったが、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)関連証券をめぐる損失を見込んで13億ドルの引当金を計上した。同行は、07年末時点で約49億9000万ドル相当のサブプライム関連資産担保証券(ABS)を保有していたことを明らかにした。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月25日 (火)

    3月の米消費者信頼感指数、予想を大幅に下回る

    速報です。

    3月の米消費者信頼感指数は64.5と前月の改定値76.4に比べて低下した。市場予想平均の73.5程度も下回る。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月24日 (月)

    2月中古住宅販売件数、予想上回りドル急騰

    速報です。

    2月中古住宅販売件数、予想上回りドル急騰

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ベトナム株式市場、7営業日で20%下落!!

    こんばんは。本日はイースターマンデーで欧州休場。薄商い、閑散な株式市場でしたね。

    さて本日のニュース、世界中で経済が暗雲がますます立ち込めてきた模様。

    国際金融システム、第2次大戦以降で最悪の危機=独5賢人委員

    ドイツ経済には明らかな下振れリスクがあると主張。ただ、中央銀行は影響を受けた銀行を「集中治療室の患者のように」面倒を見るとし、投資家は預金について心配する必要はないとの見方を示した。

    ***   ドイツDAX指数は前年末比 -21%と日経を上回る株価の下げ***

    ベトナムはもっと深刻!

    ベトナム株式市場の下落傾向止まらず、7日続落で16カ月ぶりの安値

    ベトナム株式市場は最近の下落トレンドに歯止めがかからず、24日の同市場は7営業日続落して16カ月ぶりの安値に落ち込んだ。最近発表された政府の株価支援策は、投資家の信頼感を押し上げるに至っていない。

    *** ホーチミンVN指数は4.5%安の521.07と、2006年11月7日以来の安値。過去7営業日で20%下落!!これはかなりひどい状況。***

    サウジの物価上昇率が27年ぶり高水準、ドルペッグ制でインフレ深刻化

    米ドル・ペッグ制は、米ドルの世界的な下落により、サウジアラビアの輸入物価を引き上げ、インフレの高進を招いているが、同時にサウジアラビア通貨庁(中央銀行)に、リセッション(景気後退)回避に向けたFRBの利下げに追随することを余儀なくしている。

    ***家賃が18%、食品価格が13%と2月だけで上昇!!***

    米GSEによるローン買い入れ、銀行の資産処理進むが貸出につながらず

    連邦住宅抵当金庫ファニーメイと連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック) の米政府系住宅金融機関(GSE)2社に対する自己資本規制の緩和などを受け、最大2000億ドルが住宅ローン市場に追加投資されれば、銀行は保有住宅ローン関連資産処理を進めやすくなる。しかし、低迷する住宅市場支援に必要とされる貸し出しの活性化には即座につながらないとの見方が多い。

    米欧金融不安で外銀勢への与信枠絞り込み鮮明、邦銀のドル調達に暗雲の声も

     金利上昇の背景として、邦銀勢による運用手控えを指摘する声が多い。世界的な金融・資本市場の混乱により株価が下落するなどしたため、邦銀は、自己資本との絡みでリスクアセットを増やせない側面もある。「主な資金の出し手が減り、これまで以上に足元の不安感が強まっている」

    こうした円金利の資金需給のひっ迫は、邦銀のドル調達に支障が出始める可能性をはらんでいる。通常、邦銀は先渡しの相対取引となるフォワードマーケット(スワップマーケット)で必要なドルを調達する。市場参加者によると、24日の短期金融市場でドルフォワードのプライスがつかない場面があった。ドル円フォワード1カ月物のスプレッドが小幅に広がり、ドル調達コストは悪化方向との指摘もある。「邦銀が外銀のラインを絞るなら、ドルフォワードで締め出そうとの思惑すら出ている」(別の外資系銀行)という。

     市場からは「外銀は、CPなどでファンディングしながら長いアセットを保有するなり、融資してサヤを抜いていた。ただ、そのファンディングがタイトになり、ただでさえドル不足感が強い」(外資系金融機関)との声が聞かれる。ある外銀参加者は「十把一絡に外銀を絞り出すようなら、邦銀が、キャッシュはおろかフォワードですらドルが取れなくなるリスクすら否定できない」と警鐘を鳴らす。

    野村証券、資産運用サービス「野村ファンドラップ」にインデックス・ファンドを利用した「バリュー・プログラム」を追加

    「野村ファンドラップ」は、同社が2006年10月より取扱いを開始した、顧客一人ひとりに対するファイナンシャル・カウンセリングに基づき資産運用に係る様々な機能を包括して提供する投資一任運用サービス。従来の1000万円からのプログラムに加えて、新たに500万円からの“バリュー・プログラム”を追加することで、より幅広い顧客層が利用可能となる。

    *** プロのカウンセリング、一度受けてみたい。ところで運用中の情報開示はどこまでするのだろうか?現在運用中のラップの成績が気になりますね。個人投資家の方はあくまでも販売会社のカウンセリングであることを念頭に。***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月23日 (日)

    初めて外貨投資をする場合のポイントは?

    サブプライムが高齢者襲う 投資信託元本割れに悲鳴

    高齢者が「大幅に資産が減った」と訴える例が増えている。「元本確保」とうたいながら元本割れする商品もあるなど損失リスクが十分説明されていない例もあり、金融機関の姿勢が問われている。

    00年度に491件だったが、06年度は約2倍の993件に増え、過去最高になった。07年2月末に世界的な株安が起きたため、年度末にかけて相談件数が急増した。

    相談者の年齢は70歳代以上が最多の4割。60歳代を加えると、全体の6割を占める。相談内容は「証券会社の説明で損のない投資と思ったが、大幅に資産が減った」「元本保証の定期預金を契約したはずが、実際は投信を契約していた」など。投信は元本割れもあるが、高齢者が説明を十分受けずに買った例が多い。

    ***

    この時期投資を始めた方にはとても厳しい世界経済の環境のためタイミングも良くないです。多くの方が今、慌てて、この先どうなるのだろうか、販売会社・運用会社に聞いても新聞ニュース、運用レポートを見てもよく分からないし。。。不安で一杯ではないだろうか?

    ここ数年、世界経済は好調だったので、特に投資家が何もしないでも、勝手に株価が上昇して美味しい思いをされた人も多かったが、そのため販売会社・運用会社の少々の説明不足も問題にならなかった。

    しかし、これからは売る側、買う側双方がもっと投資について興味を持ち普段から日経新聞程度は読むぐらいは必要だと思う。

    「元本確保」、「リスク限定」紛らわしい言葉です。「元本保証」と全然違います。問題は

    • 「元本確保」、紛らわしい言葉そのものが使用されていること。
    • 元本割れする商品もあるなど損失リスクが、投資家に理解できるようない十分説明されていないこと
    • リスクの大きさの説明ができていない・できない。(Var

    まず投資は元本保証されない商品、リスクの大きい場合は元本割れ程度は済まず、0になることもあります。これが投資家に理解できるように説明していないのは言語道断。

    リスク許容度の大きさ

     僕は投資暦2年、本格的に興味を持って書籍やセミナーなどで情報収集を行い初めて1年ですが 最近、ドル円12年ぶりに95円までオーバーシュートして一時的に下げたが、新聞ニュースで「初心者で外貨預金を始めるケースが多い」と報道の影響で、FXにも注目を集めてます。

    <外貨預金、外貨MMF、FXのポイント>

    『12年ぶりに下がったから割安で買い時だと一概には言えない。今後さらに円高が進むかもしれない可能性も十分あります。

    • 十分に情報収集した上で
    • 「為替変動リスク」
    • 「Var」を把握して
    • 自分のリスク許容度にあったレバレッジ(倍率)で
    • 「5年・10年の長期スパンで」
    • ボラ(変動幅)の小さい安全なペアで
    • 外貨をロング(買い)をする

      のであれば良いが。』

     果たして初めて外貨預金など投資商品を開始する投資家が上記の事を理解しているのは何割ぐらいいるのだろう?

    このブログも少しぐらいは参考になるかもしれません。

    たとえば

    • 経済指標もたくさんあるが、現在なら住宅関連、在庫、消費物価指数、消費動向など重要ではないだろうか?指数の特質とか。
    • 新聞のどこをどのように見て、どう判断したら良いのか?
    • よく使われる「中長期で見れば、、、」の言葉の裏の意味。
    • 自分の投資状況の数値よる客観的判断はどうしたらよいのか?
    • 市場はオーバーシュートしやすいものであるとか。
    • マスコミ・雑誌の記事の特性、「皆不安なときは不安を煽る言葉に目いき易い」など
    • 販売会社・運用会社の立場上、やむ負えず言いたくても言えない事があること。
    • 「一喜一憂せずに長期で、、、」のセリフを良く耳にしますが、投資に興味を持ち一喜一憂して、いろいろ調べたり勉強することが最も大切です。
    • 運用状況、資産状況を把握し、今後の経済の見通しを立てるための助言アドバイスは販売会社・運用会社の責務です。

    など。

     投資の世界、将来のことはプロでも分からないです。しかし知ろうと分かろうするにはどうしたら良いかを投資家にアドバイスすることはできるはずです。

     日本は個人が自分の資産をどこの会社にも所属していない純粋に顧客の立場でコンサルできるコンサルタントに助言してもらう環境がまだ根付いていませんし、そのようなコンサルタントも非常に少ないようです。

     そのような環境の中で、このブログを見て投資に興味を持っていただける人が一人でも多いなると幸いです。

    ところで外貨投資ですが、

    マネックス証券FX事業強化へ取引会社傘下にするようです

    マネックス証券の投信の週間売れ筋ランキングでは

    外貨MMF 米ドルが1位、オージードルが3位。

    上手に情報収集・分析して安全に運用しましょう。

    僕は主にひまわり証券 外為どっとコムで情報収集しています。

    今後の見通しですが

    短期では

     外貨は下降トレンドがまだしばらく継続するのではないか。特に高金利通貨(カナダドル、オージードル)ユーロもショートが良いか。ドル円はもみ合い98-101円レンジで。

    長期では

     先日ニュース番組でドル円、50円になるという専門家も出てきましたね。今の水準がまだ円安水準?

     僕は米景気が底打ちが見えてくれば円キャリートレードも徐々に本格的に活発なってきて円安に戻ってくると見てます。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    高金利通貨、大きく下落!!

    東京外為市場・15時=ドル99円後半、アイスランド・クローナの弱含みが顕著に

    高金利通貨のアイスランド・クローナが、金融市場の混乱を背景に、対ドルや対ユーロでの下落が顕著になっている。また、資源価格の下落により、対ドルで下落するエマージング通貨も見られる。

    ***  今週、ドルより高金利通貨 カナダドル、オージードル、南アフリカフランなどが大きく下げてますね。ヘッジファンドの手仕舞いによる原油・金などの商品市況の下落が資源国通貨に悪影響を及ぼした?

    ファンドもワールドプライム、世界のサイフ、ハッピークローバーの基準価格、下落幅が大きい。

    来週は欧州の金融機関の損失計上や買収の噂などユーロ売りに繋がる材料が多い。来週はユーロの頭は重い。

    高金利通貨はヘッジファンド売りが加速が予想されるため、さらにもう一段、2段ぐらい下げる展開となるか。 その後、本来は戻りも早いのだが、今回はどうか

    来週のFXはドル以外のクロス円ショートが分かりやすい。aud/yは88円を割り込むかもしれない。***

    沈む株価、底入れはいつ来る

    *** ポイントは

    ・FRB公的資金投入
    ・資金流入が続く商品市況の好調が途絶える時

    うーん、妥当な見方だが、商品市況から資金が再びすんなりと株式市場に向かうかどうかは意見が分かれるところ。***

    利下げ後の利上げを織り込み始めた市場

    景気重視に姿勢を切り替えた今年以降は、目先大幅に利下げを断行するが、その後、減税や利下げの効果によって、今年後半より景気が回復を始めると同時に、スタンスをインフレ抑制最優先に切り替えることを意図しているようだ。早くて今年第4四半期、遅くとも来年前半には、利上げに転じるものと見られる。

     市場も実はこうしたFRBの意図を素早く読み取っている。FFレートの金利先物を見ると、目先の大幅利下げ予測に変化はないが、FRBが経済見通しを発表した2月下旬以降から、2009年以降の利上げを織り込み始めている

    *** なるほど、FF金利先物のグラフをみると2009/2ぐらいからゆるやかな上昇を見込んで動いてるのが分かりますね。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ジム・ロジャーズ氏、誰もがドルを手放すべきだ

    こんにちは。気になるニュースをいくつか紹介します。

    ジム・ロジャーズ氏:台湾関連のETFに投資

    22日の台湾総統選の結果を受け、台湾と中国との関係改善が進むとの期待が背景という。「最終的には中国と台湾の統一に進む。通貨も経済も統合することになる」との見通しを示した。中国人民元の上昇が、台湾ドルの価値を高めることになる]と予想している。

    *** 台湾も今後、投資先の選択肢の一つにしても良いかも。***

    ドルについては「誰もがドルを手放すべきだ」-テレビインタビュー

    金融当局はドルを放り投げている。誰もがドルを手放すべきだ

    「バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は選挙によって選ばれた人物ではない。ウォール街の一部金融機関を救済するのに国民の金を使う厚かましさはどこからきているのだろう。まったく言語道断だ。次はヘリコプターを飛ばして人々から賃貸料を徴収するのだろう。ドルを破壊し、本質的に米国経済を破壊する権限を誰が議長に与えたのか?」

    ***ベアー・スターンズ救済、米国内では賛否両論あり?公的資金投入については米国では課題が多い。ドル円、名目実効為替レートでみると確かにまだ円安水準です。どこまでドルは下がるのか?*** 

    米金融 風評収まらず

    • 「英国の銀行が資金難に陥り、英中銀のイングランド銀行が緊急会議を招集した」
    • 「米大手証券メリルリンチが4月発表の決算で巨額の追加損失を出す」
    • 「リーマン・ブラザーズのエリン・カラン最高財務責任者(CFO)は17日、電話の記者会見で「日々の資金繰りは十分ついている。心配しないでほしい」と強調した」

    *** 第2のベアを探す市場の動きに歯止めがかかる気配がない。***

    米金融破綻、まずベアー・スターンズ

    米金融界では、次にベアーと同じ道をたどるのはどこかという憶測が始まるだろう。そして多くの人々は米証券大手リーマン・ブラザーズを名指ししている。

    *** ベアも資金繰り困難から破局したが、、、リーマンの資金繰りは大丈夫か?と市場は憶測。***

    米金融10社 損失10兆円 サブプライム関連

    損失額は、住宅価格の下落で、各社が保有する住宅ローン担保証券や債務担保証券(CDO)などの値下がりが続き、評価損が膨らんだのが要因だ。 米銀行最大手のシティグループや米証券メリルリンチなどは4月に決算を発表する見通しで、損失額はさらに拡大する可能性がある。

      国際通貨基金(IMF)の試算では、金融機関だけでなく、年金基金、ヘッジファンドなど、即時開示が義務づけられていない投資家も含めれば、世界のサブプライム関連の損失額は8000億ドル(約79兆円)に拡大する可能性があると分析している。

    「求む!日銀総裁」 英紙が社説

    優れたマクロエコノミストで、マーケットの気持ちを読め、外交官と最高経営責任者(CEO)の能力を併せ持つ人物が、最高の候補者。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月22日 (土)

    今週(3/17-3/23)の投資の運用結果

    今週(3/17-3/23)の投資信託の運用結果をまとめました。

           20080322_1

    先週比 -1.9%

    今週は分配込みリターン -4.8%となり先週比は1.9%マイナスとなりました。

    今週も週初めの3/17 にどかんと爆弾が落ちました。その後、18日深夜のFOMCのFF金利0.75%引き下げを初めとする米国の総力を挙げての対策が功を奏し後半は少し持ち直しました。為替は97-99円あたりをもみあい。

    18日が本底となるか?まだこれから本格的な底探しがあるのか?

    個別では

      好調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    MHAMJ-REITインデックス 16.3% 3.4% 1.5% -6.3%
    野村-好配当日本株式 -12.7% 1.5% -2.2% 5.2%

      低調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    HSBCチャイナ 1.4% -14.2% -26.1% -38.7%
    世界資源株ファンド  18.0% -12.4% -16.7% -18.1%
    フィデリティ・EMEA  -6.9% -10.3% -12.5% -16.3%
    JPM・BRICS5 -16.6% -9.2% -13.1% -18.9%
    三菱UFJ チャイナ -16.9% -9.1% -16.3% -23.1%

    EMEA地域も大きくさげました。

    カテゴリ別の成績では以下。

      20080322_2

      ・Jリートのみ堅調。株式は大幅下落。外債も為替円高が進んだため-2,1%と大きく下げました。

    (3/17-3/23)のトレード状況

    *** 投資信託 ***

      ポジション追加 

        物価の優等生、グロソブ、エマソブ

    *** FX ***

      usd/y  ショート 100.10-->99.17

    ---

    コモディティ関連を少し洗い出ししようと思ってたのですが、この2日間の下落は単なる調整ではなく、ヘッジファンドの死に物狂いの生き残りをかけた行動と見る向きがあり、だとすればしばらく戻って来ないような気もしてきた。

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    SWF、救世主となるか?

    政府系ファンドの投資指針で合意=UAE、シンガポールと-米財務省

    財務省は20日、政府系投資ファンド(SWF)の投資指針をめぐって、シンガポールおよびアラブ首長国連邦(UAE)と合意したと発表した。SWFが情報開示を強化することや、受け入れ国側も過剰な投資規制を設けないなど9つの原則を明記している。

     UAEのアブダビ投資庁は資産運用規模が8000億~1兆ドルとされ、世界最大規模のSWFとして知られる。国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)は、SWFをめぐる国際的な行動規範を策定中で、3カ国が合意した指針をたたき台として検討が進みそうだ。 

    ***

    情報開示の具体的な内容は

    • 投資目的
    • 投資の対象
    • 運用利回り など(透明性の確保

    また合意内容では

    SWF側は

    投資の受け入れ国は

    • 「SWFと他のファンドを差別せず、保護主義的な障壁などを作らない」
    • 「仮に安全保障上の理由で投資を制約する場合も、なるべく最小限の規制にとどめる」

     ポールソン長官は「米国はSWFの投資を歓迎する。アブダビなどSWF側と一緒にリーダーシップを発揮し、IMFなどの指針作りを支えていく」「開放的で安定的な国際金融システムは共通の利益だ」との声明を発表した。

     キミット米財務副長官は先月、こうしたファンドの運用資産は5年以内に12兆5000億ドルに達する可能性を示した。

    ・世界全体のSWF運用資産総額は2兆-3兆ドル(約198兆-298兆円)。今後さらに5年以内には、ほぼ3倍程度の6兆~10兆ドルに急膨張する、とのIMFは予測

     この素案は8月にまとめる予定だが、SWF側、受け入れ側双方に利益があるように。上手にSWFを活用する方向が良いだろう。

    重要なポイントは

    1. 情報開示による透明性の確保
    2. 純粋な商業的な目的のみの投資に限定
    3. 1.2によって受け入れ側の保護主義台頭の回避

    ***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    モノラインの次はヘッジファンド!!

    大事なニュース見逃すとこでした。coldsweats01

    米欧市場でヘッジファンドの現金化加速、信用収縮は新段階に

    原油や貴金属の下落とあいまって、ヘッジファンドなどリスクマネーを取り扱っている参加者のポジション閉鎖とキャッシュ化(現金化)の流れが加速しており、世界的な信用収縮は新たなステージに突入した可能性が高い。

    「原油や貴金属の大幅な下落は、単なる益出し売りの結果ではなく、ポジションクローズによるキャッシュ化の表れのようだ。信用収縮が新たな段階に入った兆候だ」

    ***

    • 原油先物、瞬間的に98ドル台まで下落。
    • 金は1オンス920ドル。2月中旬以来の安値。
    • 大豆、小麦、トウモロコシなどの穀物相場もストップ安。

      BRゴールド、買い、少々早まったかな?***

    「為替もまだ戻りが弱く、株式を積極的に買う材料にも乏しい。足元はテクニカル要因での上昇の域を出ない。投資銀行の決算は一巡したが、4月からは商業銀行の決算が本格化する。サブプライムローン絡みで、特に欧州金融機関の損失額が膨らむ可能性もある」と警戒。さらに足元の動きは「これまでのドル売り・株売り・商品買い・債券買いのポジションだったヘッジファンドのアンワインドが始まった可能性が高い」

    *** アンワインド…ほどく[ける], 巻きを戻す[が戻る] 「円キャリー・トレード」を解消する場合に良く使われる言葉。***

    *** 欧州金融の損失は膨らむのではないか、と僕も見てます。***

    「米株の戻しは、一部の参加者がショートポジションを閉じるために買い戻しているに過ぎない。ファニーメイなどの自己資本比率規制の緩和は、ある種の後付け材料にされた面がある」と指摘する。その上で「米金融機関に余裕がなくなって、その前段としてヘッジファンドへの融資が絞られ、ポジションを閉じている米系ヘッジファンドが目立っている。きょうの東京株式市場の上げは、つかの間の休息のようにみえる」

    ***  ヘッジファンド、いくつか破綻するかもしれませんね。***

    「金融機関の損失額が少ないという理由で株価が上昇しているうちは底入れ感が出にくい。確かにベアー・スターンズの身売りは象徴的ではあったが、すべての大手金融機関がうみを出し切ったという印象を与えなければ、投資家の疑心暗鬼は消えない

    *** そのとおり。底入れ感がないです。大手金融機関、爆弾をまだまだ抱えているのも事実です。その爆弾が破裂するか、不発弾に終わるか、はたまた正常化するのか?***

    ヘッジファンドのポジションクローズの先に何があるのか、真剣に考えたくないような暗い展開が、このままでは待っていることになる

    *** いったい何が起こるのだろうか?***

    ------

    商品相場急落の裏にヘッジファンド危機、実質ゼロ金利のドル相場にさらなる重し

    「ファンドの損失が今後拡大していくのではないか」との懸念に、市場の不安心理は増幅し始めている。

    20日には英紙フィナンシャル・タイムズが30億ドル規模の英ヘッジファンド、エンデバー・キャピタルが17日の東京円債市場で資産の4分の1以上を失う損失。

    *** モノラインの次はヘッジファンド!! ***

    18日のFOMC後に一服となっていたドル売りが再び強まる可能性を指摘する声が出ている。実質金利はマイナス域に突入しており、ドルは「もはや運用通貨でなく、円と同じく調達通貨。円と同じく売られやすくなった」

    *** 外為どっとコム のブルベアシート ドルショートが増えてきました。僕もショート戦略継続中 。ブログの心理パロメータはドルロングが55%***

    -----

    2008/03/21-23:46 米政府、新たな住宅対策検討=担保割れ物件に債務保証-Wタイムズ紙

    21日付の米紙ワシントン・タイムズは、米政府が低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付きによる自宅差し押さえ対策の追加策を検討していると報じた。市場価格が担保価値を下回っている住宅の保有者が住宅ローンを借り換える際に、連邦住宅局(FHA)が80~85%を債務保証する。
     ジャクソン住宅都市開発長官が同紙とのインタビューで明らかにした。既に同長官はホワイトハウスに原案を提示、近く承認される可能性があるという。

    *** この自宅差し押さえ対策の追加策、運用がうまくいけば効果が大きいだろう ***

    -----

    外国人の日本株売り越し、ブラックマンデー以来の9226億円

    *** 金融危機の緊急事態に日銀総裁空席というとんでもない事態を起こした日本政府に対して世界中が失望し、憤っている!!***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月21日 (金)

    4/中旬が一つの節目か?

    こんばんは。今日は愛知へ出張してました。お土産買った抹茶ういろう、とても美味しいhappy01.。昔から、ういろうは大好物です。

    不動の一番人気!抹茶の香りと、上品な甘みが相性ピッタリ♪【数量限定販売です】売り切れの場合は、次回の販売をお待ち下さい。抹茶ういろう【3月27日出荷分】 さて、本日は為替・株、静かですね。商い閑散かな。

    昨夜のダウ、+2,16% 反発。ファニーメイとフレディマックは3日連続で大幅上昇!!米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック) に対する資本規制緩和によるモーゲージ市場への資金供給策が功を奏した。バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、シティグループも8─10%上伸。

    原油・金は続落してインフレ懸念が和らぎ、株価にプラスの作用。

    20日発表された3月の米フィラデルフィア業況指数は4カ月連続のマイナスとなったが、マイナスの幅が市場予想をやや下回ったこともプラス要因。

    日本では理解し難いが、米国市場は政府・FRBに絶大な信頼を置いているようです。確かに経済ニュースを読む限り、一連の金融政策・財政政策は迅速かつ全力で取り組んでいるのがよく分かります。

    日経ですが、+1.81%。円高が落ち着いてるのも好感。

    このままでゆるやかに回復に向かえば、、、期待はしますが、恐らくまだまだ不安定な地合は続くと見るのが賢明でしょう。

    昨日迷ってた新興国投資、少しだけ中国・インド・ラテンアメリカに買い注文出しました。

    来週の日経の見通しがロイターから出てます。

    4月中旬から始まる欧米金融機関の決算を見極めるまで腰の入った買いは入れにくい」三菱UFJ証券シニア投資ストラテジストの吉越昭二氏)

    *** 4/中旬ー末が一つの節目?***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月20日 (木)

    失業保険継続受給者比率、ハリケーンカトリーナ襲来以来の高水準

    本日、アジアは大きく下落!!ハンセンは-3.47%

    欧州もー1%前後で軟調。

    ・先程発表があった、 米先週分新規失業保険申請件数は、前週比2.2万件増加の37.8万件と市場予想36万 件を上回ったこと。

    ・失業保険継続受給者数は283.3万人から286.5万人に増加し04年8月来の最高水準、失業保険継続受給者比率は2.2%とハリケーンカトリーナ襲来の影響を受けた05年最終週以来の高水準にそれぞれ達していること。

    ・信用収縮に対する全般的な懸念とヘッジファンドや英系銀行が問題を抱えているとの憶測が飛び交っていること。(独アリアンツの経営悪化も)

    今夜のダウ、要注意。

    為替はドル円、99円を目指す展開。本日久々にFXトレードをしました。

    ドル円ショート 100.10-->99.17 決済

    投信は

    ・3/18付け約定で外債ファンド購入。

    ・3/24付け約定予定でBRゴールド、注文入れました。

    いづれも様子見購入です。(予定額の1/30)

    アジア株、少し迷ってます。

    独アリアンツ、金融危機で08・09年利益目標の達成はより困難に

    クレディ・スイス、第1四半期に利益計上の可能性低いと警告

    金現物が2%超下落、ファンド筋の利食い売りなどで

    米原油先物、2週間ぶりに100ドル割れ

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    【主要国の株価の推移】2008/3/20

    【主要国の株価の推移】2008/3/20

    前年末比でみると

    サブプライム震源地のNYダウ -8.76%

    中国、インドが-25~30%と激しく沈み、ドイツ、日本と米国以上のダウン。

    ドバイ、南米は健闘してるほう? 

    20080320 ダウは底打ちしたと見れる水準にはまだまだ到達していないと見るのが良いかもしれません。

    中国インドは着地失敗(ハードランディング)して空中分解寸前のような状態。しかし押し目買いのチャンスかもしれず、判断が難しい。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    反発が一時的?

    米メリルリンチ、信用保証の継続求めXLキャピタルを提訴

    *** 少し分かりやすく書くと

    1.XLキャピタルは、メリルと保証契約を結んでおり、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)による保証サービスを行っていた。

    2.XLキャピタルは、メリルが契約の義務を果たさなかったとして7件のCDS保証契約を解除した。

    3.メリルリンチは信用保証の継続を求めて、XLキャピタル・アシュアランスを提訴した。

    4.これを受けて、メリルが追加評価損の計上を余儀なくされるのではとの憶測が広がり、同社株価は19日のニューヨーク株式市場で11%急落した。

    こんな感じ。先日のブログのCDSの実例ですね。***

    -------

    シドニー株式市場・大引け=急反落、資源株や金融株が安い

    短縮取引となった20日のシドニー株式市場は急反落して引けた。原油価格と金属価格の下落を受けて資源株が売られた。クレジット懸念の再燃で金融株も圧迫された。

     S&P/ASX200指数(暫定値)終値は161.6ポイント(3.06%)安の5127.5.1。前日には急反発し、過去8週間で最大の上昇率を記録していた。アナリストは、米利下げと米投資銀行の予想を上回る決算を受けた前日の4%の上昇について、今後ネガティブなニュースが出てくるリスクを踏まえると、恐らく行き過ぎだったと指摘している。

    *** 反発が一時的だったかもしれないですね。 世界経済のダウントレンドはまだ強いのか?***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月19日 (水)

    次はカーライルキャピタル?巨大な債務抱える

    速報です。

    モルガンスタンレー四半期決算、市場予想上回る

    しかし

    カーライルキャピタルが巨大な債務を抱えているとの報道を受けて信用逼迫懸念が大きくなっています。

    ---

    日銀内に総裁空席リスクへの懸念、米欧市場の信用収縮高まり迫られる迅速な対応

    「100%自分の責任において判断、行動する人間がいないことは、やはり大きな問題だ」

    日銀総裁空席、広がる失望 海外からも厳しい視線

    戦後初めて日本銀行総裁のポストが空席になるという異例の事態に対し19日、日銀内部に失望感が広がり、市場関係者らからは懸念の声も相次いだ。米国発の金融危機が深刻さを増し、月例経済報告の下方修正で国内景気に不透明感が漂うなか、「金融の司令塔が空席でいいのか」という見方で共通する。海外メディアも厳しい視線を向けている

    「覚悟はしていたが、本当に空席になるとは」と日銀幹部は失望を隠さない。日銀内は早くから元財務事務次官の武藤敏郎副総裁の昇格を支持する声でまとまっており、「政局に利用しないで」とOBらが政府・与党や民主党に働きかけた。 当初は、武藤氏昇格に反対する民主党への反発が強かったが、武藤氏の次にも元大蔵事務次官を総裁候補として提案したことで政府への不信感も増した。日銀内には「与野党がまとまる気がしない。当面は総裁代行を支えるしかない」との声が出ている。

    「国際社会に醜態をさらした」。三菱UFJ証券の藤戸則弘・投資情報部長は手厳しい。「米国経済が危機的な状況に陥り、米連邦準備制度理事会(FRB)は連続利下げなど、全力投球で混乱回避に努めている。そのさなかの日銀総裁不在は考えられない」と言う。 株式市場でのさらなる「日本売り」懸念は絶えない。「総裁人事すら決められない政治の不安定さは、海外投資家の日本離れを強めてしまった」と、HSBC証券の白石誠司チーフエコノミストは懸念する。

    4月には主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が米国で開かれるが、「総裁代行では、各国トップと真剣な議論ができるのか不安だ」とBNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは指摘する。 海外の視線も厳しい。英紙タイムズ(電子版)は「日銀の危機」と表現。「異様さを深める総裁選びは日本の国際的な評価を落としつつある」とした。英紙フィナンシャル・タイムズも「日銀と日本政府の信認を傷つける」と指摘。「世界の金融危機が深まる時期に総裁選びが失敗を重ねれば、日本だけの問題で片づけられなくなる」と警告している。

    ***  欧米の政府・金融当局は全力で火を消そうとしているのに、ほんとにとんでもないことだ。論外。無為無策に日銀トップ空席、このままでは風邪が肺炎にまで病状悪化するだろう。さらに世界経済の足を引っ張っているのは間違いないところ。日経は世界最弱路線、まっしぐら!!しっかりしろ、と再度言いたいpunch***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    FRBの新たな貸出制度、利用は低調。

    こんばんは。昨日はココログのメンテで更新ができませんでした。

    にしても、昨夜の急伸、株・為替とも凄まじい勢いでしたね。谷深ければ、山高し。。。でもダウがあまり下がり切っていないので、昨日が2番底とは思いますが、まだ3番底がありそうです。

    本日はアジア、好調。日経は頭が重い点がクローズアップ

    しかし、欧州、軟調なスタート。-2%前後。NYダウ先物はー99ドル。

    為替はドル円は100.4円まで戻したが今は99円あたりをうろうろ。100円超えれば、戻り売りを狙いたい。

    「FRBが創設した新たな貸出制度、利用は低調。リーマン・ブラザーズが小額を借り入れたほか、ゴールドマン・サックスの借り入れも小規模にとどまる見通しに。」(ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン)も一因か?

    FRBに続き今度は米政府が対策を打ってきました。

    米、住宅金融機関を機能強化 ローン債権買い取り増狙う

    ---

    米政府はサブプライム(低所得者向け)住宅ローン問題への新たな対策として、政府系住宅金融機関の機能強化を19日にも発表する。メディアが一斉に伝えた。金融市場からサブプライムローン関連の債権をより多く買い取るため、04年から実施してきた資本剰余金積み増し規制を緩和する見通しだ。 対象は連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディーマック)。両社は民間から住宅ローン債権を買い取って民間金融機関の貸し倒れリスクを軽減し、ローン市場を支えてきた。 今回緩和するのは、過去の不正会計事件による監督強化を受け、業務を制限するために導入された措置。資本の積み増しを通常より3割多く求める規制を2割ほどに下げ、買い取り額を約2000億ドル増やせるようにする見通しだ。

    ---

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月18日 (火)

    FRBの金融政策、限界か?

    ブッシュ大統領発言がありました。

    ブッシュ米大統領はワシントンにて米経済について下記のように発言した。
    ・米国の金融機関は強い
    ・FRBの行動は金融機関を安定させる
    ・引き続き市場の動きを監視し続ける
    ・米経済は試練の時期に直面している
    必要なときに政府は行動する準備がある
        
    FRBが決定した公定歩合の緊急引き下げについて、ブッシュ米大統領は「金融秩序を図るために行動した」として支持する考えを示した。

    ------

    FRBのベア救済、公定歩合引き下げは迅速かつ適切な対応だと思う。

    ただFRBによる全力の金融政策も限界に近づいている気がしてきた。

    負の連鎖、スパイラルの悪化を緩和がいつまで持ちこたえられるか?

    次はいよいよ政府の出番。公的資金投入?などでなんとかメドが立って欲しい。

    それでもだめなら、、、

    ------

    本日ダウが大きく下げ、ドル安も進むようなら、投信、外国株は押し目買いのチャンスかもしれない。為替は外貨売り継続が安全。

    もしダウ戻すようなら、これからもまだまだ底値探しが続く展開になるか?

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月17日 (月)

    次はどこだ?ベア・スターンズショック

    予想以上の急展開にびっくりしてます。

    ドル円一時95円台まで急落!!日経は-3.71% 香港 -5.18%そしてインドsensexは-6.03%。。。さらに欧州は-3%前後の急落中。NYダウ先物は-124ドル

    世界同時株安の勃発です。

    ベア・スターンズの株価はなんと30ドルが2ドルとタダ同然にちかい叩き売り状態!!信用市場、重体です。

    市場では、“次のベア・スターンズ社探し”が話題となっており、金融株の中ではリーマン・ブラザーズ(LEH)が36%安、メリルリンチ(MER)が15%安 ときつい下げとなっている。次はどこだ?S&L(貯蓄貸付組合)大手のワシントンミューチャル?

    S&L…「住宅用不動産の抵当貸付を手がけるアメリカの貯蓄金融機関を指す。1980年代の規制緩和により、不動産関連融資やジャンクボンド投資を積極的に行ったが失敗し、多くのS&Lが経営危機に陥った。1988年には229社が倒産し、預金保険機関による支援合併や清算措置を受けることとなった」

    負の連鎖!疑心暗鬼フルフル状態でパニックになってます。

    今日明日あたりが、セリングクライマックスとなるか?

    緊急利下げもありうるか?

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    NY州製造業景況指数、過去最低!!

    速報です。

    3月のニューヨーク州製造業景況指数はマイナス22.23で、2月のマイナス11.72から低下し、2001年11月に記録したマイナス19.6を下回り過去最低を更新した。ダウ・ジョーンズ経済通信がエコノミストを対象に行った調査では、3月はマイナス7.4に改善するとみられていた。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月16日 (日)

    ゴールドマン・サックスが30億ドルの評価損!事前予想は20億

    米ゴールドマン・サックスが30億ドルの評価損公表へ-英テレグラフ

    英紙サンデー・テレグラフは16日、米ゴールドマン・サックスが今週、30億ドル(約2973億円)の評価損を発表する予定だと伝えた。ゴールドマン・サックスは2007年12月-08年2月(第1四半期)の決算で約50%の減益を公表する見通し。同社の評価損は金融市場の混乱がウォール街の最有力会社にも悪影響を与えている状況を示すことになる。 ゴールドマン・サックスの評価損の一部は中国工商銀行(ICBC)への4.9%の出資分の資産価値下落によるものだという。また、同社はレバレッジドローンなどでも損失を計上するとみられる。

    ***** 確か20億ドル程度の予想だったのでゴールドマンサックスの30億ドルの評価損は米金融にとっても大きくマイナス要因。ネガティブサプライズ?ついに中国株安も米金融にダメージを与え始めたか。来週は米金融、第一四半期決算本番です。*******

    ----米国金融決算発表予定----

     3/18   リーマンブラザーズ、ゴールドマン・サックス
     3/19   モルガンスタンレー
     3/20   ベア・スターンズ

    -------

    米FOMCは18日に最低100bp利下げの見通し=シティグループ

    *** どうも市場はすでに0.75%まで折込済なのか。

       0.5%  ->失望、株安 ドル安

       0.75%->折込済 ドル安

          1.00% ->サプライズ 株高 「ドル安」?「円安」?(リスク回避の減退で円キャリー巻き戻し)***

    -------

    米国務長官:チベット暴動鎮圧で中国は自制を-新華社死者10人と報道

    「同自治区の暴動は過去20年前後で最悪の事態となっている」

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    米国は総力戦!!来週の見通し

    来週の重要指標ですが、

    • 3/17 21:30  米  NY連銀製造業景気指数-3月
    • 3/18 27:15  米 FOMC政策金利
    • 3/19 18:30  米 BOE(英中銀)議事録 、福井総裁任期満了
    • 3/21 GOOD FRIDAY 米休場   

    投資銀行の決算発表

    •  3/18   リーマンブラザーズ、ゴールドマン・サックス
    •  3/19   モルガンスタンレー
    •  3/20   ベア・スターンズ

    -----------------

    来週の注目は、まずFOMC、FF金利利(3.00%)の下げ幅。

      0.5%? 0.75%? それとも思い切って1.00%

    週末、日本、米国休場があり、薄商いとなり今まで以上に荒れ模様になるかも。。。

    為替、米ドルはさらに弱くなりドル安円高は進むか。自立反発になるか?中期的にはドル安円高状態は半年、いや年内いっぱい、米利上げ再開時(米経済の正常化)まで続くかもしれない。

    それにしても「悪材料は出尽くした」「もう大丈夫だ」と市場に信用が戻ってくるのはいつ頃になるのだろうか?

    ----------------

    大きなプラス要因になって欲しい!!scissors

    米下院金融委員長が不良化した住宅ローン対策法案、連邦住宅局が保証


    バーナンキ議長の「元本カット」「債務保証強化」の線に沿ったもの。元本カットで金融機関は評価損計上しなければならないが、受け入れる方がベターとの解釈になるはず。借り換えの促進、不良債権の買取り、支払い可能なローンとなれば投げ売られない=住宅価格下落に歯止めがかかる、この法案と合わせ、ポールソンの金融市場安定化策、S&Pの「峠越え」のレポート、米国は総力戦で金融不安・信用不安食い止めへ乗り出している。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ドル円と日経の関係は?

    ドル円と日経の関係ですが、最近ほぼ連動に近い動きをしてますね。

    2007/1/4-2008/3/14までの期間で分析すると「ドル円」と「日経」の相関関係は0.96と非常に高い事が判明。(SG 臨時レポート

    ------

    感応度を推計すると1円円高(円安)が進むと273円程度日経平均株価が下落(上昇)する関係となっています(大和総研調べ)。単純計算では100円/ドルで12,059円、95円/ドルで10,690円という水準が目安となるようです。

    ------

    USD/Y 

    週足5年チャートで見ると

    13週MA、MACD とも売り。RCI 6.59。

    20080315usd_y

    ボリンジャーのサポートは

    3/15 usd/y
    月足 3/15 99.18
    -σ 105.34  -2σ 99.50   -3σ 93.66
    週足
    -σ 103.88  -2σ100.36  -3σ 96.83
    日足
    -σ 102.67  -2σ100.00  -3σ 97.33

    日経は

    週足5年チャートで見ると

    13週MA、MACD とも売り。RCI 4.76。

    20080315_nk   

    ボリンジャーのサポートは

    3/15 nk
    月足 3/14 12241
    -σ 13641  -2σ11975  -3σ10309
    週足
    -σ 12917  -2σ12056  -3σ11194
    日足
    -σ 12752  -2σ12254  -3σ11757

    ------

    分かりやすい目安では USD/Y 95.00円 日経 10,690円

    ちなみに USD/Y 80.00円 日経 6,599円??

    -----

    日本経済ですが、米国政府・FRBの全力で対策を打ってるのに対して、日本は「打つ手がないので、何もしない」無施策のまま。あきれてしまう。

    景気減速、下方修正は当然の結果。過去5年程、政府日銀の無施策で好調だった。今、政府・日銀の手腕、真価が問われている。

    現在の深刻な状態で無施策はありえない。これは国内、国外問わずの見方です。

    このままだと日本経済はさらに世界の中でも最も貧弱になるだろう。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月15日 (土)

    中東・北アフリカ/アジア株式ファンド 愛称:魔法のランプ

    注目のアラブエリアに投資できるファンドがどんどん新規発売されています。

    「中東・北アフリカ/アジア株式ファンド 愛称:魔法のランプ」

    3

    ファンドの特徴は

    1.「中東・北アフリカ(MENA:ミーナ)地域株式」と「アジア地域におけるMENA:ミーナ関連株式」を実質的な主要投資対象とする。

     ◆地域別の株式への投資割合は、「MENA:ミーナ地域株式」および
      「アジア地域におけるMENA:ミーナ関連株式」それぞれ50%を基本と
      する。

    2.運用は、ファンド・オブ・ファンズ方式で行う。
     ◆当ファンドは、原則としてケイマン籍米ドル建て外国投資信託「MENAアジア・ファンド」を中心に投資を行う。
     ◆ 一方で、資金動向等を勘案しつつ、円建て国内籍投資信託「マネーマザーファンド」への投資を行い、以上2ファンドへの投資割合は、合計で高位を保つことを基本とする。
     ◆為替ヘッジは行わない。

    3.「MENAアジア・ファンド」のMENA:ミーナ地域における運用は
      「EFGヘルメスUAE」が、アジア地域における運用は「フルトン・
      ファンド・マネジメント」が行う。

    運用会社は みずほ投信

    販売会社 販売手数料は

    マネックス証券 3/6 特別セミナー 盛況だったそうです。

    100万円未満 : 2.1%
    100万円以上1,000万円未満 : 1.575%
    1,000万円以上1億円未満 : 1.05%
    1億円以上 : 0.525%

    京都銀行

    1,000万円未満の場合 3.15% --> 1.575%
    1,000万円以上5,000万円未満の場合 2.1% --> 1.05%
    5,000万円以上の場合 1.05%  --> 0.525%

    ***SGアラブ、運用会社(SG)に不安がある人は魔法のランプもいいかもしれません。***
    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ドルは80円を目指すのか?

    為替 ドル安について。

    -----------

    情報によると、

    「ここ数年インドで円建ての住宅ローンが流行したのですが、その住宅ローンの一種に ドル円が1ドル=100円を割り込むと、担保の住宅を差し押さえられてしまうという条項が入ってるローンがあるそうです。実際に契約書を見たという人に聞いたので、多分間違いないと思います。このまま、100円を割りこんでしまうと、インドで家を失う人が沢山でてくるということです。サブプライムローン問題でアメリカの庶民が家を奪われ、今度は円高でインドの庶民が住むところを失う。 怖い世の中です。」

    ***円建て住宅ローンはインド以外にも韓国などアジア各国で普及しています。今後、ドル安円高の影響がいろいろな局面で出てきそう。***

    ------------

    FX取引では

    <外為証拠金取引>個人投資家は悲喜こもごも

    今回の円高・ドル安で一瞬にして数百万円もの損失を出すケースも相次いでいる。一方で、円高メリットを生かして外貨投資を増やす人もおり、FXをめぐる個人投資家は悲喜こもごも

    ***外貨のロング、スワップ金利の関係もあり、現在のドル安円高状態でも相変わらず人気があるようですね。トレンドの波に乗るのが何よりも大切だと思います。ヘッジファンドやプロの揺さぶりに会わないように慎重にトレードしましょう。FXで勝っている人の割合は1割にも満たないらしいですから。。。***

    ----------

    ドル安について英FTの社説では

    ドル下落ペースダウンのために介入を

    米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)と日本の財務省は、ドル下落のペースを緩めるために、協調介入すべきだ。

    *** 米国はドル安を今は容認してるので実現は難しいだろう.。1995年 日米貿易摩擦が大問題となり、大規模なドル売りが発生。日銀は為替介入を必死に何度も行ったが、米国はドル安容認したため79.75円の安値をつけた。。。ことも過去にあります。***

    -------------

    ドル安についての識者コメント

    <クレディ・スイス証券>

    ドル/円が、2005年から既に始まっていた他の主要通貨の上昇にキャッチ・アップするとすれば、97円を目指すだろう。ただ、市場はオーバーシュートするものであり、90円台前半もあると思っている。FRBは中央銀行として、クレジットクランチを回避すべく動いているが、米国政府が金融システムの安定化に本腰を入れて乗り出さない限り、金融市場は安定を回復しないだろう。つまり、インソルベントに近い金融機関に対して、公的資金を注入しなければならない。市場は、ヘッジファンド、モノライン、住宅金融専門会社の倒産が今後も続くという、最悪のシナリオを想定している。

    <JPモルガン・チェース銀行>

     目先のドル/円のターゲットは98円。3月末までに達成するとみている。ここまでの流れはドル主導のドル安地合いだが、クロス円が下げ始めると、円高の流れが加速し、ドル/円の下げは98円で止まらないだろう。ユーロ/円が150円を割れるようなら、パニック的な動きになるかもしれない。信用リスク懸念は収束の気配がない。。ユーロ/ドルが大きく上昇する中、ドル/円だけの介入はできない。

    <野村証券>

    99円台でとまるのか、98―95円付近まで下落するのかは、ら短期的に見通しづい。現在の環境では、日本の単独介入は非常にやりにくい

    <モルガンスタンレー証券>

     円高というよりもドル安が進んでいるのは米連邦準備理事会(FRB)の政策金利引き下げ期待が強まっているからであり、フェデラルファンド(FF)金利が2.00%程度まで低下するとの予想が強まるなかでは、一時的とはいえ1ドル=97円程度まで円高が進む可能性があるとみている。しかし一方で、金利の低下によって米経済が回復していくと想定すれば年末にかけて105円程度まで円安方向に戻る可能性が大きい。

    <みずほコーポレート銀行>

     ドル/円はパニック的な売りにさらされており、今月中に95円まで下落する可能性がある。FRBは政策金利を現在の3.0%から1.0%まで引き下げる可能性もあり、金利面からもドルの魅力は薄れ、上値は重くなるだろう。

    <三菱UFJ証券>

     米国は今後も政策金利を下げ続けなければならないだろう。最終的にはフェデラルファンド(FF)レートが2%以下になり、ゼロに近い水準まで低下するとみる。今後は日米金利差縮小、さらに逆転という流れが予想され、ドルキャリートレードが始まる可能性がある。その場合、ドルは80円を目指すだろう
    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    今週(3/10-3/16)の投資の運用結果

    今週(3/10-3/16)の投資信託の運用結果をまとめました。

           20080315_1

    先週比 -2.1%

    今週は分配込みリターン -2.9%となり先週比は2.1%マイナスとなりました。

    今週も先週に引き続き、日経、NYダウ、欧州・アジアその他各国の株式市場は大きく続落!!

    為替もドルが12年振りに100円を下回りました。

    いよいよ本格的な底探しへと突き進んできた感じ。

    個別では

      好調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    リバース・トレンド 7.1% 4.1% 10.1% 9.7%
    インベスコ豪債券 1.4% 0.3% -2.2% -2.2%
    ワールド・リート ・オープン -31.1% 0.3% -4.4% -4.7%

      低調だったのは

    銘柄 配当込み 先週比 2週前比 4週前比
    HSBCチャイナ 15.6% -11.9% -24.0% -24.5%
    HSBCインド 7.8% -10.0% -19.5% -20.9%
    JFアセアン -23.0% -8.6% -15.4% -17.4%
    ドイチェインド -24.6% -8.5% -15.0% -15.1%

    中国、インドはハードランディングしたようだ。

    カテゴリ別の成績では以下。

      20080315_2

      ・海外株式が大きく不調。特に新興国が-6.2%と大きく下げました。

    (3/10-3/16)のトレード状況

    *** 投資信託 、ワラント、FX***

     ポジション追加

      エマソブ

    ---

    為替、米ドルが大幅安となり、初めて外貨預金を始めた方も非常に多いようです。FXでも高金利通貨ロングは人気ありますが、クロス円で比較的ボラの小さい米ドルを低レバレッジで長期運用の視点では良い買い時の一つかもしれません。短期では来週FOMCで0.5%FF金利引き下げは市場は折込済み。0.75%も折込始めているように感じる。ドル、ダウントレンドはまだしばらく継続するでしょう。

    来週はベアー・スターンズの破綻寸前の顛末と、それ以外の金融機関・ヘッジファンドのサドンデスについて

    • あとどれくらいでるのだろうか?-->
    • どのような影響を出すのか? -->金融システムへの影響度、ドル資産の減少の影響度。
    • 出尽くすのはいつ頃か?-->1-3月決算期の判明する4月5月頃?
    • 以上のことがいつ頃判明するかどうか?-->市場が悪材料で尽くしを感じる時期
    • そしてどのような対策が実施されるのか?

    がポイント。

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月14日 (金)

    ベアスターンズ流動性事態深刻!!

    本日、為替、大きく動いてますね。

    さきほど「米大手証券ベアスターンズのCEOが「過去24時間で流動性が悪化した」と発
    表、又「JPモルガン&NY連銀、ベアスターンズへ出資」との報道を受けて、同社への流動性逼迫の事態が深刻であるとの警戒感が強まり、再び、リスク回避の動きが活発

    ドル円100円切ってきました。

    このあと23:00のミシガンは重要です。

    FX 101.20 でショート 入れてます。
    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    速報!!CPI 前月比±0% 予想下回る

    速報です!!

    「【速報】米・2月消費者物価指数(CPI):前月比±0%(予想+0.3%)」
    【速報】米・2月消費者物価指数(CPI):前月比±0%(予想+0.3%)、1月
    +0.4%、前年比+4.0%、(予想+4.3%)、1月+4.3%
    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月13日 (木)

    ヘッジファンドの換金売り加速!!

    株式、香港、インド4%強、アジア全滅!

    ダウ先物 -200ドル

    欧州軟調 -3%前後

    またまた同時株安が起こりつつあります。

    『株安、円高、原油高の三重苦の到来必至か?』

    「米欧の流動性対策は期末を前に金融機関のサドンデスを回避する狙いが強い。それほど金融機関への懸念が高まっているということで、来週はFOMCよりもゴールドマン・サックスの決算発表に注目

    「米住宅ローン会社ソーンバーグ・モーゲージがモルガン・スタンレーからデフォルト通知を受け取るなどの事例が次々と出ており、金融機関やヘッジファンドによる証券化商品の投げ売りが加速するとみる。それが一巡する4─5月ごろまでは株式市場は不安定な動きが続くのではないか

    *** 本日の暴落はヘッジファンドの手仕舞いも大きな要因らしい***

    -----

    サブプライム問題 IMF幹部、各国に景気刺激策の検討促す

     国際通貨基金(IMF)のリプスキー副専務理事は12日、ワシントン市内での講演で「(サブプライム)危機がさらに加速するリスクが増しており、世界金融システムと経済を安定させるには果敢な政策対応が必要だ」と述べた。主要国や新興市場国に対し、公的資金による金融システム安定化策を含めた景気刺激策の検討を促したものだ。金融機関が貸し出しの損失を補うため、融資先に追加担保を求める動きを強める可能性を指摘。「それが資産価格をさらに下落させ、景気への打撃を強める」とも語り、金融危機による景気への悪影響に懸念を表明した。

    *** インフレ抑制より景気刺激が優先課題と僕も思います。***

    -----

    米政府、格付け会社の監督強化=金融不安再発防止策を発表へ

    金融・信用不安の再発防止策

    ・住宅ローン業者の監督強化…連邦および州での監視強化や全米統一の免許基準導入

    ・格付け会社と監督当局…通常の債券と複雑な仕組み債との区別を徹底するよう求める。また証券化商品を格付けする際には利益相反の有無の公表を格付け会社に義務付けるほか、証券化商品を組成する金融機関に対しては、複数の会社に格付けを依頼するよう要請。

    ***  よりきめ細かい区別が必要。格付け会社のレベルアップが求められる***

    ------

    米の小売り売上高、8カ月ぶり大幅減

    2月の小売り売上高は、前月より0.6%少ない約3802億ドルだった。半年ぶりにマイナスに転じた昨年12月に次ぐ落ち込みで、8カ月ぶりの大幅減。不振業種も広がり、景気失速が鮮明になりつつある。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    為替とんでもないことになってますね

    こんばんは。為替とんでもないことになってますね。

    ドル円、100円切ったのは95年以来、12年5か月ぶり。

    ---為替---

    ここからの下値目処は99.70(95年11月9日安値)。

    サポートラインは100.35円と 100.14円

    以下の理由でドル安、円高は当面強いトレンドが継続するとみた方が良いかもしれません。それとも押し目買いのチャンスか?日本の個人投資家はドルロングが多いようだが。。。

    ・欧米勢は中国に対して人民元の切り上げを求めている現状では、日本の為替介入は難しいだろう。

    ・米国はドル安を容認してる向きあり。

    ・株安による円キャリーが解消がさらに進み、円高になるだろう。

    ・先日の緊急資金供給についてメリルリンチ、ゴールドマンサックスなどが「FRBの資金供給スキームは充分ではなく、圧力緩和には繋がらない」とコメント

    ・アラブ勢、ドルぺッグ制廃止の噂

    ・史上最高値を更新しているユーロ/ドルに対し、欧州各国から断固とした強い牽制が出てこないこと

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月12日 (水)

    やはり効果は一時的?

    昨夜は緊急対策でドル高、株高になったが、一時的な効果と見る向きが強い。本日のダウはどうなるか?

    為替はドル/円、102.50円割れへ。テクニカルでも下降トレンドは継中!!米系ヘッジファンド破綻の一部噂が嫌気された。クロス円でも円がやや買い戻されている。

    株式は欧州は堅調ですが、ダウ先物は再びマイナス圏(-30ドル)へ転じてます。

    ---欧米金融情報---

    独アリアンツ ALVG.DE 傘下ドレスナー銀行のストラクチャード・インベストメント・ビークル(SIV)、「K2」について、格下げする可能性があることを明らかにした。  資金問題に加えて、ポートフォリオの市場価値低下が理由とした。  ムーディーズによると、ポートフォリオの市場価値は、2007年7月27日時点で100.1%だったのが、2008年3月6日時点で96.1%に低下した。 (ロイター ロンドン)

    ---住宅市況---

    米抵当銀行協会(MBA)が12日発表した3月7日までの週の住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は、前週比1.9%低下し671.7となった。金利が5カ月ぶりの水準に上昇したことが影響したという。  申請指数は前年同週比で2.7%低下した。  30年住宅ローン金利(固定、手数料除く)は、前週比0.39%ポイント上昇し6.37%。2007年10月12日までの週につけた6.40%以来の水準。15年住宅ローン金利は前週の5.26%から5.72%に上昇。1年変動金利型住宅ローン(ARM)も前週の5.83%から6.72%に上昇した。  新規住宅購入のためのローン申請指数(季節調整済み)は前週比1.6%上昇し368.8。前年同週比では11.0%低下。  住宅ローン借り換え申請指数(季節調節済み)は前週比4.7%低下し2448.2。前年同週比では5.9%上昇した。 (ロイター NY)

    *** FF金利下げても、住宅ローン金利が上昇している?!***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    日経の弱さ、政府・日銀の無為無策も大きな要因!!

    日経が世界でも弱体化してきているのは政府・日銀の政策の誤り(無為無策)も大きな要因かもしれない。

    ------------

    国会の動向を見守りたい=日銀総裁人事で福田首相

    「今のところ、国会関係の方々の知恵を出し合ってもらっているところなので、動きを見守っていきたい」「この政府提案でどうしてよくなかったのか、理由がよくわからない。」

    白川副総裁の就任だけを政府として発令し、白川氏を総裁代行として当面、乗り切っていくのか、それとも総裁空白を作らずに対応していくのか、との質問に対しては「国会の方でいろいろ話し合っている最中だ」と述べるにとどまり、具体的な言及を避けた。

    ***間の抜けた頼りないことばっかり言ってますね。『空白期間は絶対に作らない』、これ福田首相の最優先課題です。「しっかりしなさい!!」と声を大にして言いたい。***

    ------------

    日本の金融システムは全体として安定した状態維持=日銀リポート

    サブプライム問題が日本の金融システムの安定性に深刻な影響を及ぼすとはみられない???***甘い見方ですね。***

    ------------

    景気浮揚効果は限定的 円高などで経営側の態度硬化

    自動車、電機など大手製造業の春闘は12日、主要企業の実質的な賃上げ額が前年並みの水準にとどまり、妥結した。交渉終盤に急激な円高や株安で景気や企業業績の先行き不透明感が強まり、経営側の態度が硬化。停滞する個人消費を押し上げるには今春闘の賃上げでは力不足との指摘もあり、景気浮揚効果は極めて限定的となりそうだ。今春闘で組合側は「積極的な賃金改善が必要」などと訴えた。

    ------------

    消費者の購買意欲、5年ぶりの低水準…内閣府調査

    前月より1・4ポイント悪化して36・1。2003年3月以来、約5年ぶりの低水準で、前月を下回ったのは5か月連続。

    また1年後の物価見通しについては、全体の86・5%が「上昇する」と回答し、04年4月の調査開始以来の過去最高水準を更新した

    ガソリン2週連続の値上がり レギュラー152円60銭

    ***日本もスタグフレーション十分に懸念あり。政府・日銀は対策を検討しているのか?***

    -----------

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月11日 (火)

    連銀新規貸し出し計画発表!!

    速報です。米FRB、新流動性供給計画発表!!

    FRBは11日、ECB、BOE、カナダ中銀、スイス中銀と協調し、新たな資金供給(TSLE)で2000億ドルを貸し出すと発表したことを受け、米株先物が急伸、NYダウ平均先物は、236ドルの上げ幅となった。また、ドルは対円を中心に急反発 103円まで戻してます。

    計画の内容は

    ・最大2000億ドルの追加流動性供給を実施
    ・流動性供給に向け各国中銀と強調して措置を講じると表明
    ・流動性供給は週間入札で3月27日から実施
    ・FOMC、ECBおよびスイス中銀とのスワップ協定の拡大を許可

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ファニーメイ株とフレディマック株が急落

     昨夜のダウ、ベアー・スターンズ10%安など金融株が大幅下落。

     株式相場が持続可能な回復をみせるのは、金融セクターを取り巻く問題の解決にめどがたつことが前提と多くのアナリストは考えているが、この日の相場は、まだそれには程遠いことを市場関係者に思い知らせた。

     ニューヨークの投資運用会社セーリグマン&Coのストラテジスト、ダグラス・ペタ氏によると「金融業界の悪循環を断つような政策が打ち出されるまでは、現在のような状況が続くだろう」との発言があったが、具体的にはどのような政策が効果があるのだろうか?

    米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の株価が急落。住宅ローンの返済不履行を受けて増資を余儀なくされるとの懸念高まる。「近いうちに自身が救済の必要性に直面するかもしれない」とバロンズ誌が報じたことが追い討ち。

    ***ファニーメイ マッドCEO アジアや欧州の投資家を訪問!! 資金調達が目的か?***

    ***ファニーメイ  13%安、フレディマック 11.5%安***

    ・米住宅ローン大手カントリーワイド・フィナンシャルに対する捜査で、同社の融資関係書類に顧客に関する疑わしい、あるいは誤ったデータが記載されていたことが発覚。同社が住宅ローン担保証券のリスクを過小評価していたとの見方が浮上。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    中国、行き過ぎた輸出抑制策

    中国の貿易黒字、2月は前年比64%減

    今年2月の貿易黒字が前年同月比64%減の85億5500万ドル(約8700億円)だったと発表した。1月の194億9000万ドルから大幅に減少し、昨年3月以来、11か月ぶりに100億ドルを割り込んだ。

    原因

    • 2月、50年ぶりの大雪の影響で工場の操業停止が頻発し、輸出の伸びが急速に鈍化
    • 中国政府が続けてきた輸出抑制策
    • 退職金などの支払いを義務づけた労働契約法が今年1月に施行され、輸出企業の人件費負担も膨らみ、輸出品の価格の国際競争力は落ちてきた。

    行き過ぎた輸出抑制策の副作用に対する中国政府の懸念も強まっている。中国では昨年末から、経営環境の変化を嫌った韓国・台湾の輸出企業の撤退が増え始めている。このため、中国商務省は、今年の政策目標から「貿易黒字の削減」を外して、「輸出の安定維持」を重要課題として掲げた。人民元レートの上昇に対しても、輸出業界や一部経済学者から批判が強まっている3月以降も、輸出の減少傾向が拡大すれば、従来の抑制政策が大きく緩和される可能性がある。

    ***抑制政策が大きく緩和されれば、株価にも追い風となるだろう。。。が世界経済市況が悪すぎるので、あまり大きくは期待できないか?***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月10日 (月)

    ドル円、どこまで下がるのか?

    ドル円、どこまで下がるのか?

    月足10年チャートで見ると

    トリプルTOPをつけ、ダウントレンド驀進中!

    MV、MACD とも売り。特にMACDはまだ強い売りを示している。

    2005/1/17の安値  101.67がサポートラインになってるようだ。20080310usd_y2

    ボリンジャーのサポートは

    3/10 usd/y
    月足
    -σ 105.86  -2σ100.35  -3σ 94.84
    週足
    -σ 104.25  -2σ100.96  -3σ 97.68
    日足
    -σ 104.17  -2σ102.16  -3σ100.14

    ドル100円割れに現実味

    輸出企業の多くは昨秋以降の円高局面でも、いつかは円安に戻ると予想してドル売り水準を「あまり切り下げてこなかった」(都銀の顧客担当責任者)という。ドル/円を売り仕掛けているというある外銀のチーフディーラーは、そうした点を指摘したうえで「期末を控えて売り遅れた向きが必ず水準を切り下げてくる。ドル/円の上値は押さえられる」 

     昨年までの円安地合いを支えた個人投資家の動きも限られている。証拠金取引の取引所を運営する東京金融取引所(TFX)によると、8年ぶりの円高水準である101円前半をつけた後、8日早朝段階でもドル/円の買いポジションは11万6451枚と、昨年夏のピーク時につけた15万枚に及ばない。「国内での運用難は変わらず、円高局面で個人は絶対に再び円売りに出てくる」(別の外銀)とするプロの見通しを裏切り、個人投資家はまだ今のところ、慎重姿勢を崩していない

    ***米緊急利下げのうわさも出てきています!!ドル売り、さらに拍車がかかる?やはりプロは個人投資家のドルロング見通しを持っているのか?103円後半で戻り売りが無難?***

    御手洗会長は「輸出企業には一時的なショックだとは思うが、1ドル=105円前後なら対応可能」との認識を示した。同会長は、対ドルの円相場が100円を大きく割り込む公算は小さい

    デフォルト通告受けたカーライル傘下会社、貸し手との協議を継続中

     JPモルガン・チェースは7日遅くリポートの中で、米金融機関は「システミックな追加担保差し入れ要求」に直面しており、米サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅ローン)市場の悪化により、3250億ドルの資本が損なわれる可能性があるとの見通しを示した。システミックな信用収縮が進行中。

    CIFGギャランティとその関連会社の格付けを最上級の「AAA」から上から4番目の「AAマイナス」に引き下げ、それに伴ってCIFGギャランティが保証している8895の債券についても格付けを引き下げた。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 9日 (日)

    世界のサイフ 割安サイン点灯!!

    こんばんは。

    恒例の外債ファンドの買い頃指標です。

    2007/1/4 から2008/3/7までの日足で分析。

    今週は世界のサイフ、グロソブ、エマソブが-2σを下回っています。

    エマソブは週足で 2003/8/8設定来の最安値を更新

    来週・再来週は株式市場は大きく下落、為替もクロス円は大きく円高に振れそうです。慎重にトレードしましょう。

      ワールドプライム 世界のサイフ ハッピークローバー グローバル・ソブリン・オープン(毎月 エマージング・ソブリン
    2008/3/7 9,858 9,451 9496 7632 9571
    2008/3/6 9,911 9,557 9583 7645 9672
    2008/3/5 9,842 9,416 9472 7627 9646
    2008/3/4 9,854 9,476 9558 7627 9714
    2008/3/3 9,827 9,534 9530 7612 9700
    AVERAGE 10,710 10,294 9,963 7,992 11,182
    標準偏差 385 400 323 168 677
    +2σ 11,480 11,093 10,610 8,329 12,536
    +1σ 11,095 10,694 10,286 8,160 11,859
    -1σ 10,325 9,894 9,639 7,824 10,505
    -2σ 9,940 9,494 9,316 7,656 9,828
    -3σ 9,556 9,094 8,993 7,487 9,151
    MAX 11,303 11,120 10,759 8,231 12,047
    MIN 9,698 9,416 9,189 7,537 9,571
    RISK/AVE 3.59 3.88 3.25 2.11 6.05

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ヘッジファンド、資産切り売り開始!!---来週の見通し---

    ---来週の見通し---

      現状、課題をざっと列挙すると

    •    07年10―12月期の住宅差し押さえ率が過去最高
    •    信用不安の再発・拡大  中小金融の破綻、ヘッジファンド閉鎖。
    •   政府系 フレディマック・ファニーメイ 債券 信用収縮。
    •  サブプライム層だけでなく、プライム層、オルトA層、ジャンボへ延焼---> 住宅ローン市場の混乱から壊滅状態へ。 (ジャンボ・ローン…高額住宅ローン住宅金融公社の買取対象にならない大きな金額のローン)
    •   トリプルA格の証券の価格の40%超下落
    •    ISMの2月の製造業景況感指数が48.3%
    •    雇用統計の大幅な悪化。
    •   原油先物相場が1バレル106ドル台に乗せるなどインフレ懸念増大---> スタグフレーション懸念の拡大!!
    •   金融株以外の一般企業の株価下落。(米金融機関の信用力の低下-->クレジットクランチが悪化-->非金融セクターへの悪影響)

      これに対する対策

    •  政府による低利融資を活用して借り手の金利返済負担を減免し、差し押さえ急増を回避する案 (フェルドスタイン全米経済研究所理事長 「住宅ローン危機の収束法」)
    •  米政府が住宅ローン債務の2割相当額を期間15年で低利融資。借り手は繰り上げ返済を通じてサブプライム住宅ローンの一部を置き換える仕組み。金利が10%前後に跳ね上がっているサブプライム住宅ローンに対し、政府融資には1%台で推移している2年物国債に連動した低金利が適用される。このため、置き換えた分だけ借り手の利払い負担は大幅に軽減される。 

     ***置き換えがスムーズに行けば、効果は大きいだろう。***

    来週の見通し

    ・来週は指標次第では緊急利下げもあり得ると思う。

    信用収縮・金融システム関連の悪材料の噴出がさらに激しくなる展開となるか?

    ・しかし公的資金投入は米国では難しいのではないか?

    ・株式 NYダウは米経済の実態をストレートに反映せず、やや下げ止まりかも?欧州・日本・新興国のほうが悪影響を強く受けそう。

    ・為替 米ドルはさらに弱くなるだろう。

    *** 日経平均 12,500円を割り込む確率が高い。ダウが2%下げると日経は3~4%下げる展開となるか?***

    「日銀総裁人事、空席で海外投資家の信認失墜の恐れ」もあり、もっと下げるか。

    -----------------

    来週の重要指標ですが、

    • 3/12          米   住宅ローン・借換え申請指数
    • 3/13 21:30  米 小売売上高-2月,新規失業保険申請件数
    •     24:00     企業在庫1月
    • 3/14 21:30  米 消費者物価指数-2月
    •         23:00       ミシガン大学消費者信頼感指数-3月
    •                       バーナンキ米FRB議長, ワシントン講演
    • 3/14 日経先物 メジャーSQ
    • 3/15  ヘッジファンドの締め。またまた換金売り殺到?

    投資銀行の決算発表

    • 3/12 ゴールドマン・サックス
    • 3/14 リーマン,ベアスターンズ

    ---経済ニュース---

    米優良ローン証券急落、投資家損失が拡大の恐れ

    米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)をきっかけとした信用収縮が高格付け証券にも波及している。住宅ローン証券の流通市場では最も安全とされる「トリプルA」格付けを持つ証券の価格が2月以降、史上最低の水準まで急落。ヘッジファンドなどが金融機関からの融資返済要求に応じるため資産切り売りを始めているためだ。「優良ローン」の価格低下で、より多くの投資家に損失が広がる恐れがある。市場関係者によると、信用力の高い高格付けの米住宅ローン担保証券(RMBS)などトリプルA格の証券の価格が流通市場で元本の40%超にまで下落している

    --------

    米金融市場、悲観論が台頭

    「米景気が後退局面ではないという見方はほぼ消えた」

    --------

    米銀破綻、今年2件目・ミズーリの小規模地銀

    米連邦預金保険公社(FDIC)は7日、米ミズーリ州の地方銀行であるヒューム・バンクが破綻したと発表した。米景気の減速と不十分なリスク管理が原因とみられる。米銀の破綻は昨年3件あったが、今年は早くも2件目。1月にも同州の地銀、ダグラス・ナショナル・バンクが破綻した

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    iTraxx Europe Crossoverって、何?

    CDSについて

    欧州クレジットクランチがクローズアップされたのは昨年2007夏。

    そして現在は特に米国金融が危機に陥ってます。

    信用市場の大きさを測るバロメータとしてCDS取引の指数があります。

    CDSはクレジット・デフォルト・スワップの略。デフォルト(倒産、債務不履行)のプロテクション(何かあったときの保証・保険)の売買を言う。倒産といういざという時の保険(保証)の取引。

    ・買い手が企業Aの社債を買うときに売り手に保証料を払う。

    ・売り手は企業Aがデフォルトした際に,あらかじめ決められたルールに従いその買い手の損失を補償する。

    ・企業Aに対して貸付債権などを持っている銀行がCDSを購入する

    -->貸倒れのリスクをヘッジすることが可能となる。

    信用不安が拡大するとこの保証料が大きくなる。スレプレッド拡大。

    そのINDEX指数に欧州金融では「iTraxx Europe Crossover」があります。(Markitが提供)

    それがどのぐらいひどい状況になっているか?

    欧州 iTraxx Europe Crossover
        2007/9  327
        2008/3  635

    北米 CDX.NA.XO 
        2007/9  209
        2008/3  415

    2007夏のほぼ倍です!! 金融不安が高まっていることがはっきりと確認できますね。

    ちなみに指数は以下のサイトで見ることができます。

    iTraxx Europe Crossover

    -------------------------

    次にサブプライムそのものを計るバロメータにABX指数というものもあります。

    ABXはサブプライム住宅担保証券(MBS)20銘柄のクレジット・デフォルトスワップ(CDS)から算出される。「サブプライム担保指数」とも呼ばれる。

    弱い信用力の借り手(サブプライム層)の安全性のベンチマークみたいなもの。

    指標の見方ですが、原資産の安全性を

    「AAA」から 「BBB-」まで 5段階でランキング

    これに加えて、新たな格付けとして、6ヶ月ごとに、主要20銘柄を主体とした格付けを追加。

    例)ABX-HE-A 07-2  

     「HE」…ホーム・エクイティ・ローン 

     「A」…モーゲージ・ボンドの格付け

     「07-2」…2007年 2回目発表の指数

    大きく下がって話題になった昨年夏と比較すると

    格付け ABX-HE-A 07-2

        2007/8   58
        2008/3   17

    -->こちらも、最悪状況ですね。AAA,AA,A,BBB いづれも急降下中!!

    ABX

    金融、ヘッジファンド 倒産・解散・破綻 が予想される。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 8日 (土)

    今週(3/3-3/9)の投資の運用結果

    今週(3/3-3/9)の投資信託の運用結果をまとめました。

           20080308_1

    先週比 -2.2%

    今週は分配込みリターン -0.8%となり先週比は2.2%マイナスとなりました。

    今週は日経、13000円割れ、NYダウ12000ドル割れ、欧州・アジアその他各国の株式市場は大きく下落しました!!

    為替もドル安が急速に進展。クロス円は円高。

    米国金融の危機がクローズアップされ、週末の雇用統計も大きく予想を下回り、米国は深刻な状況が明らかに。

    早くこの問題の全貌が見える状況になってもらいたいのだが。。。

    個別では

      好調だったのは

    • リバース・トレンド        (+6.0%)

      低調だったのは

    • HSBCチャイナ        (-12.1%)
    • メルハバ             (-9.5%)

    カテゴリ別の成績では以下。

      20080308_3

      ・新興国株式、Jリートを筆頭に全般的に大きく悪化。

    (3/3-3/9)のトレード状況

    *** 投資信託 、ワラント、FX***

     ポジション追加

      ピクテグロイン、外債、インド株式

    ---

    ポートフォリオは

    20080308_2

    ・2007/11 月初、 2008/1 月央にポジション縮小後、少しずつ押し目買い戦略を継続中。

    今年上期はまだまだ、おいしい買い時がありそうな市況ですね。

    ポートフォリオのパフォーマンス分析は

    20080308_4 2007/12/8と比較すると

    ・期待リターン 低下 (22.0%-->4.7%)

    ・リスク 半減 (22.97 --> 13.66)

    ・VAR 縮小(-53.2 --> -31.7)

    ・シャプレシオ 低下 (0.86 --> 0.57)

    海外株式が比重が高い割りにはまだ良い部類に入るパフォーマンスか?

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 7日 (金)

    ダウ先物急降下中!!

    速報です。

    米労働省が7日発表した2月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比6万3000人減と市場予想平均の2万5000人程度増に反して減少した

    ダウ先物、プラスからー116ドルに悪化してます!!

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    いっそのこと、、、

    こんばんは。

    日経、大きく落ち込みました。

    昨夜のダウは前日比1.75%の下げ、日経は3.27%の下げ!!

    震源地より悪い影響を増幅して受けてます。情けない。

    じりじりと辛い状況が長く続くと、いっそのことダウ、11333ドル、底入れ見通しが出る水準まで急降下して欲しい。そうなれば、こちらも対応しやすい。と最近思い初めています。。。

    為替はドル円 101円後半までドル安進行。こちらは100円切る見通しが強くなってきてますが、投資家はドルロングポジションを積み重ねている模様。

    短期なら102円後半で戻り売りが妥当か?長期ならドルロングもあり?

    さて22:30 注目の雇用統計が発表されます。

    過去の暴落のトリガーとなった実績があるので、今回も要注意!!

    結果次第で株式・為替どちらにもサプライズがあるかも。

    FXでは、どんな結果でどう動くかが読みづらい状況ですので、テクニカル中心に短期でトレードするのが良さそうな気がします。

    ドルストレート、どの通貨とのペアが分かりやすいか?がポイントになりそう。ユーロ、オージーは既に上がりすぎの感あり。

    さて、新興国通貨の外債ファンド、最近人気が高いですが、

    ---

    新興国通貨が軒並み下落、クレジット市場大荒れでリスク回避姿勢

    前日海外からきょうにかけて、南ア・ランドやメキシコペソ、ブラジルレアル、トルコリラなど新興国通貨に対する売りが目立った。国内の電力供給危機で売りが強まっていた南ア・ランドもさらに売られて1米ドル=8ランド台と、4年半ぶりドル高/ランド安水準。

    ---

    *** 南アフリカはインフレも凄まじく、電力供給危機で鉱山開発もままならず、リストララッシュ!通貨だけでなく経済そのものがしばらくは低迷するではないか?BRICS5にどの程度悪影響がでるか?***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 6日 (木)

    ECB、政策金利を4.00%に据え置き

    こんばんは。

    ECB、政策金利を4.00%に据え置き決定。BOEも据え置き。ともに予想通りで為替、動きなし。

    これから発表の

    22:30新規失業保険申請件数

    24:00中古住宅販売保留-1月

    、注目したほうが良いか。どの程度の悪化を市場は折込済みなのかがポイントですね。

    さて

    日経、ようやく、少し反発。理由は

    中国人民銀行総裁が景気に配慮した金利政策を実施すると発言

    ・米下院民主党が住宅市場支援法案を策定していることが伝わり、公的資金の注入のうわさがでた。

    しかし相変わらずの商い薄。オイルマネー、日本株には来ないのか?

    ---

    本日の主なニュース

    UBS株が下落、オルトA資産大量売却のうわさで=欧州市場

    リスクの高い米住宅ローンポートフォリオを大幅なディスカウント価格で大量に売却し、結果として第1・四半期に巨額の評価損計上を発表するとのうわさが材料。予想の150億フランを上回る185億フランの評価損を計上すると見るアナリストもあり。

    ***

    NY原油、初の105ドル台 ,最高値更新中!!

    ***「一段の価格高騰の恐れがある」との声も。深刻です。不景気という炎に油をどんどん注いでいる感じ。どこまで上がるのか?***

    原油関連、

    ニューヨーク・タイムズ紙早版ヘッドラインでは

    石油輸出国機構OPEC)、原油増産を求めるブッシュ米大統領の要請を拒否。原油高の主因は米国の不適切な経済政策だと指摘。」

    「米経済は減速」FRBが景況報告

    ***体力の弱った金融機関の貸し渋りが広がっている。***

    「米著名投資家のウィルバー・ロス氏、10億ドルの地方債を取得。売却を余儀なくされた一部のヘッジファンドの状況を利用し、最近の大量売りを受け、一部の大手投資家が地方債への投資を進めていることを示唆。」

    ***安全な地方債へリスク回避。当然の動きか?***

    新興国株投信の人気続伸 高リターンを期待

    ***株式は新興国から回復するだろうと見ている人が多いのかな?日本を始めとする先進国の株に投資するよりはましって程度だと思うが。***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 5日 (水)

    米2月ADP雇用統計

    こんばんは。本日は小康状態ですね。為替も円安基調。

    22:15 米2月ADP雇用統計 に注目。

    さて最近旬な地域、アラブ、アフリカ地域について丸紅経済研究所からレポートがでています。UAEのカントリーリスクはロシアより小さいですね。

    ---

    住宅ローン元本の一部カットを…サブプライム問題でFRB議長

    「これまではローンの金利減免が主で、元本カットはまれだった。しかし、(住宅の)資産価値の減少が続く現在の環境では、元本カットが効果的だ」と述べた。そのうえで、「差し押さえを減らすことは経済の安定につながる」と強調した。

    仏クレディ・アグリコール第4四半期は赤字転落、大型買収は検討せず

    純損失額は予想6億2700万ユーロを大きく上回る8億5700万ユーロ。

    温家宝首相の政府活動報告、インフレや景気過熱に焦点

    *** このままでは過少流動性が問題となり企業から悲鳴が。。。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 4日 (火)

    バーナンキFRB議長 住宅価格はさらに下落、住宅ローンの不良債権化はしばらく増加し続ける

    速報です。
    バーナンキFRB議長
    住宅価格はさらに下落の可能性、差し押さえは増加する公算
    「住宅ローンの不良債権化はしばらく増加し続ける」
    「貸し手に住宅ローンに対する評価損計上拡大を要請する」
    カナダ中銀、政策金利を0.5%引き下げ3.50% 事前予想0.25%

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    米アムバック、会社分割はしないと決定

    こんばんは。

    本日の市況ですが、アジア、欧州軟調、ダウ先物はー62ドル。

    為替はやや落ち着きを取り戻したように思ったが、また円高が強まってきた。

    23時にBOCカナダ中銀の政策金利の発表が予定されているが、予想は0.25%引き下げ。

    昼に発表があったオージーは予想どおり0.25%引き上げ。しかし為替はオージードル軟調??

    少し予想のつかない展開となっていますね。カナダドルはどう動くか?

    オージー/カナダドル 面白いかも!!

    ところで昨夜注文したピクテグロイン、明日の約定ですが、基準価格が9,881円と日足1年のー3σを下回りました。良いタイミング!!

    しかし、今月に限ってだけでも週末の雇用統計、18日FOMCと重要イベントが控えており、さらにネガティブサプライズは起こりうる状況。これからまだまだ押し目買いのチャンスはあるだろう。と思います。

    ---

    米アムバック、会社分割はしないと決定

    英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が4日、会社関係者の話として伝えたところによると、米金融保証会社(モノライン)大手のアムバック・フィナンシャル・グループ(ABK.N:)は、20億─30億ドルの増資計画の一環としての会社分割に反対することを決定した。FT紙によると、最近の提案に基づけば、アムバックは事業を格付けがトリプルAの地方債を保証する業務と、格付けが下がる可能性のある仕組み金融商品の保証業務に分割することになる。アムバックの救済計画には米シティグループ, スイスのUBSなど欧米の8金融機関が参画し、20億ドル前後もしくはそれ以上の資本注入を準備している。報道に対するアムバックのコメントはこれまでのところ得られていない。

    ---

    REITファンド2月末純資産は前月比‐0.5%、日米相場の下落と円高響く

    2月は東証REIT指数が約1%続落したほか、米REIT指数MSCI US REIT Index .RMZが4%強下落。「投資家の間で手控えムードが広がっている」

    *** 世界家主、購入はもう少し様子を見ようか?

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 3日 (月)

    ピクテグロイン 買いサイン点灯 &手数料比較

    こんばんは。

    コアファンドのピクテグロイン基準価格、そろそろ買い頃になってきました。

    基準日 ピクテ・グローバル・インカム 世界の豆の木  ステート・ストリート 外国株式インデックス 
    2008/3/3 10202 8696 11455
    2008/2/29 10478 8978 11892
    2008/2/28 10509 9226 12182
    2008/2/27 10530 9244 12260
    2008/2/26 10438 9171 12166
    2008/2/25 10372 8987 11914
    AVERAGE 11,986 10,977 13,804
    標準偏差 693 1,025 977
    +2σ 13,372 13,027 15,757
    +1σ 12,679 12,002 14,780
    -1σ 11,294 9,952 12,827
    -2σ 10,601 8,927 11,850
    -3σ 9,908 7,902 10,874
    MAX 13,321 12,891 15,469
    MIN 9,999 8,638 11,246
    RISK/AVE 5.78 9.34 7.08

    3/10ボーナス分配落ちを狙っていましたが、3/5付け約定で試し買い注文しました。

    さてピクテグロインの手数料ですが、新規取り扱いの金融機関がだいぶ増えてきたので、購入手数料を比較してみると

     1位 1.05%  京都銀行ネット   

     2位  2.1%   スルガ銀行ネット,常陽銀行,滋賀銀行    

    一億円以上だと

     1位 0.78%   大垣共立銀行,十六銀行  

    スルガ銀行より安いところ発見。地銀、力を入れていますね。

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    ウォーレン・バフェット氏 地方債再保険を引き受ける交渉はもはや行っていない

    日経、予想以上の下落!!13000円を割り込んだ。金曜300円、月曜600円と2営業日で900円の下げ幅になる。次のサポートラインは12,552円。

    為替ドル円も102.88円、福田首相の為替に関する発言でかろうじて円高進行を抑えているようだが。。。

    本日、24時の米2月ISM製造業指数、予想以上の悪化になるかもしれないが、悪い方向へはもうすでにかなりな程度、市場は折込済の可能性もあり、一旦はドル反発するか?

    株式市況はアジアに続き欧州前日比-1.5%程度の軟調。ダウ先物はー90ドル。

    株安円高、どこまで行くか、がポイント。

    今日明日付けで様子見購入しています。(日本株、海外株、外債)

    さて速報が入りました。

    ---

    CNBCテレビにて

    ウォーレン・バフェット氏

    株価は安くはない
    8000億ドルの地方債再保険を引き受ける交渉はもはや行っていない
    大幅な景気減速の可能性は否定できない
    ---

    欧州金融大手の評価損・引き当て、計6兆円超に

    欧州の主な金融機関の07年12月期決算が3日、出そろった。英独仏スイスの10社で見ると、米低所得者向け(サブプライム)住宅ローンなどの影響による評価損や引当金などの計上は計6兆円を超える規模に達した。市場の正常化にはなお時間がかり、損失の拡大は続く見通しだ。当期赤字はスイスのUBSだけ。計上した評価損は7~9月期には42億スイスフラン(約4200億円)だったのが、10~12月期には156億フランに膨張。通年で初めての赤字に転落した。

    *** UBS  本日はストップ安をつけましたね。***

    ------------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 2日 (日)

    来週は仕込み時?

    ***来週の重要指標ですが、

    3/3   24:00  米  ISM 製造業景況指数-2月

    3/5   24:00  米   ISM 非製造業景況指数-2月

            28:00  米   地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)

    3/6   21:00  英  BOE(英中銀)政策金利

         21:45  EU  ECB(欧州中銀)政策金利

        22:30  EU トリシェECB総裁記者会見

                   米  3/2までの週の新規失業保険申請件数

    3/7   22:30  米  非農業部門雇用者数変化-2月

    ***

    米経済では、7日雇用統計。

    欧州ではBOE ECBの政策金利が重要。

    株安円高がどこまで行くか?

    中長期の観点では仕込み時のひとつになるだろう。

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    米経済は2001年よりも困難に直面

    米国経済について

    サブプライム問題が米国実体経済への影響が今年になって急激に明らかになってきた。あまりに悪化のペースが速すぎて、驚愕してます。

    1.バーナンキ議長の証言では

    ・情報技術(IT)バブル崩壊後の2001年の景気後退局面と比較して「現在の米経済はより困難な状況にある
     理由は

     (1)01年は家計が健全で個人消費下支えになったが、今回は消費が落ち込んでいる。

     (2)今回は、原油高などインフレ圧力が強い

     (3)財政収支が悪化しており財政出動の余地が限られている。

    また、07年第4四半期に急減速した景気は少なくとも2010年まで通常レベルまで戻らないと示唆している。

    スタグフレーションについては

    ・「商品市況は今後数カ月で安定するだろう、そうなればインフレは低下する見通しで、FRBは景気減速と金融市場問題の双方に対処することが可能になる」
    ---> 数ヶ月で安定すれば。。。良いのだが。

    2.ファンダメンタル

    「住宅」は、価格も戸数も下げ止まる気配がない。むしろ加速度が増してきている。

    「雇用」もリセッション時とほぼ同水準にまで悪化。2月23日終了週の新規失業保険申請件数は前週比1万9000件増の37万3000件。一部のアナリストからは、リセッションに近い水準で、来週発表の雇用統計が弱い内容となる可能性が高まったとの声が出ている。

    ・GDPでは「インフレ圧力」も確認された。

    「消費者マインド」では

    ・物価が急上昇し、それを受け消費者マインドが急速に悪化。1月の卸売物価指数(PPI)は、エネルギー高を背景に総合指数が前年比で26年超ぶりの大幅な伸び。
    ・2月の消費者信頼感指数は75.0で、5年前のイラク開戦時以来の低水準。
    ・期待指数は57.9となり17年ぶりの低水準に落ち込んだ。

    3.影響度合いの拡大

    ・金融機関の損失拡大の影響はファニーメイ純損失が36億ドル、フレディマック損失25億ドル、と政府系住宅金融機関にまで波及。両社とも大幅赤字。
    ・中小金融機関の破綻懸念。

    ・モノライン 良質債券(公共地方債)、と切るべき債券の分割(切り分け)にからむ思惑など問題山積み。訴訟が頻発するだろう。-->切るべき債券が銀行の損失に直結?モノライン救済に資金を出す銀行にメリット薄?

    ・LBO CREローン 消費者ローンの焦げ付き。も今後増加が予想される。

    --->>ますます金融引き締め。流動性減少。クレジットのタイト化。景気回復局面にて株価がついていかない。

    ざっとまとめるとこんな感じ。

    リセッション入りしたかどうかよりも、その内容。つまりどの程度、どのくらいの期間、景気が悪くなるのか?が今後に焦点なるだろう。

    以前の記事で米景気サイクル 5,6年 下降期10ヶ月、上昇期4年と書いたが、今回はどの程度になるのだろうか?

    ・ダウ 11,333ドル 2008年8月 底 

    ・ダウ  9,631ドル 2009年3月 底

    米経済減退の影響度ですが、日欧、新興国、世界的に大きな影響がでるだろう。中国にデカップリングを期待するのは、まず難しい。米国における国内消費額が年間約1,000兆円に対して、中国の個人消費は130兆円に過ぎず、米国への輸出減を補うのは無理。

    デカップリングどころか、経済のグローバル化は世界経済の一体化を促進するので、過剰連動を警戒すべき状況。

    ---

    サブプライム損失、ドミノ現象 米景気、失速寸前 ダウ今年2番目下げ幅

    【ロサンゼルス=渡辺浩生】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均が今年2番目の下げ幅を記録した。引き金は、米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)がサブプライムローンにからみ111億ドルに上る巨額の評価損を計上したためだ。 バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が前日に、小規模な金融機関の破綻(はたん)が「おそらくある」と発言したことも尾を引いた。金融不安の新たな震源地、金融保証専門会社(モノライン)の支援について、ニューヨーク州保険局が資本増強案を検討中だが、遅々として進んでいない。 サブプライムによる金融機関の損失表面化は「ドミノ現象」に拡大。経営難の金融機関は、投資ファンドや企業・個人に対する資金供給の蛇口を絞り始めている。この信用収縮が米景気を失速寸前に追い込んでいる。

    ----------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    2008年3月 1日 (土)

    今週(2/25-3/2)の投資の運用結果

    今週(2/25-3/2)の投資信託の運用結果をまとめました。

           20080223_1

    先週比 -0.1%

    今週は分配込みリターン 1.4%となり先週比は0.1%マイナスとなりました。

    今週は日経、ダブルボトムなるか注目していました。下値を固めながらいい感じだと思っていたが、木曜からの急激なドル安、昨日はクロス円の円高が進展など外部要因で、日経ダブルボトムならず。。。リトライをわずかに期待したいが、欧米経済の状況を考慮すると、かなり厳しいかも。

    マスコミ、メディア一般で言われているほど、市況は悪くないと思いたいのですが、どうもそういうわけには行かない状況になってきましたね。

    個別では

      好調だったのは

    • 世界資源株           (+1.6%)
    • JPM・BRICS5           (+1.7%)
    • シュローダー・ドラゴン・ファンド(+2.0%)

      低調だったのは

    • JFアセアン           (-2.0%)
    • 欧州新成長国株式      (-2.2%)

    カテゴリ別の成績では以下。

    20080301_3 

      ・世界株式テーマ型は世界資源はプラス、グロインはー0.7%。

    (2/25-3/2)のトレード状況

    *** 投資信託 、ワラント、FX***

     野村-好配当日本株式 追加購入。

    ---

    今後の展開は、世界的に株・為替市場とも厳しくなることが十分予想されます。じっくり構えましょう。為替、クロス円ロングをショートへと基本方針転換が良いか?ドル円外貨預金、増加してきてるようだが。。。

    ---------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    NYダウ、ドル 急落!!

    『NYダウ急落、315ドル安の1万2266ドル』 

    『ドル急落 ドル円 103.80円』(2005年3月以来約3年ぶり)

    指数 価格 前日比 前日比% 更新時間
    日経平均株価 13,603.02 -322.49 -2.32% 02/29
    香港 ハンセン指数 24,331.67 -260.02 -1.06%

    02/29

    NYダウ 工業株30種 12,266.39 -315.79 -2.51% 02/29

    ブラジル ボベスパ指数 63,489.30 -2,065.78 -3.15% 02/29

    ダウ ユーロ50種株価指数 3,724.50 -59.77 -1.58% 02/29

    ムンバイ SENSEX30種 17,578.72 -245.76 -1.38% 02/29

    主な要因は、

    ・AIGが前日、米国の低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」関連の評価損が約111億2000万ドル

    ・バーナンキ議長の「金融機関潰れるところもでてくるだろう」、「米国製品の輸出は、ドル安に支えられた」発言。-->FRBがドル安を容認したと市場が理解。

    ・1月の個人消費支出(PCE)の物価指数が高い伸びを示し、インフレ懸念拡大。

    ・2月の米シカゴ地区購買部協会景気指数は2001年12月以来の低水準

    ・2月の米ミシガン大学消費者信頼感指数確報値も16年ぶり低水準

    20080301_1

    。。。

    さて、今週、日経、ドル円ともダブルボトム形成に失敗しており、来週以降は大きく崩れる可能性が出てきた。

    関連ニュース

    http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/K2008030100450.html?C=S

    透明性が高まるまで市場の信頼回復しない可能性=ECB専務理事

    ----------------------------------------------

    SGアラブ オリックス証券  手数料無料(2/1-3/31)

    楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
    中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
    FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

    ---------------------------------------------

    ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

    | | コメント (0)

    « 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »