« 今週(11/18-11/24)の運用結果 | トップページ | 本日のトレード »

2007年11月25日 (日)

海外債券について

こんばんは。

海外債券ファンドについて候補を比較してみました。

     20071125

数値は2007/10/末のもの。基準価格は2007/11/23現在。

インカムゲインがわかり易いように10万円投資した場合で比べてます。

購入手数料は最安の金融機関のものを使ってます。

《インデックス型》

三菱UFJ 世界国債インデックス

年金積立 インデックスファンド海外債券

PRU海外債券マーケット・パフォーマー

リターン、リスク、コストいづれもほぼ同様ですね。

ファンドの特色は

「シティグループ 世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)の動きに連動する」こと。

《アクティブ型・高金利型》

中央三井 高金利ソブリンオープン

A格以上、高金利国 23銘柄 

投資対象国はオーストラリア、英国、ノルウェー、米国の4カ国に限定してるのが特徴!(いづれもAAA格)

9/末と10/末の運用レポートを比較すると、ノルウェーの比率が大きくなり、米国の比率が小さくなってますね。

また2007/3まではノルウェーの代わりにカナダが入ってました。

流動的な運用スタイルのようですね。

過去に運用実績では、リスクも小さくリターンも10.4%で、まずまず。

ハッピークローバー

AA格以上、流動性が高い銘柄

投資対象国とそのウェートは、カナダ60%・オーストラリア30%・ニュージーランド5%・ノルウェー5%の資産配分比率を基本としています。(いづれもAAA格)

過去に運用実績では、候補の中ではミドルリスクだがハイリターン(17.9%)。

世界のサイフ

こちらは以前に日記で書いたように

高金利通貨10カ国に均等分散投資。

アイスランドクローネが組み入れられてるのが大きな魅力です。

投資対象債券は、原則として高格付の短期債券(価格変動リスクの低減)

コストも低い方ですね。

LM・オーストラリア毎月分配型ファンド

インベスコ オーストラリア債券

ともにオーストラリアの債券に投資するファンド。

リターン、リスク、コストもよく似てますね。

《アクティブ型・その他》

純資産NO.1の「グローバル・ソブリン・オープン」ですが、コストが高い分、パフォーマンスが悪くなってますね。基準価格が低いのでたくさん口数持てるが長所か?ローリスクローリターンの安定型にして毎月安定したインカムゲインがあるところが人気のある理由かもしれません。

「エマージング・ソブリン・オープン」は市況を反映してパフォーマンスが随分と悪いですね。

***

これ以外にも「ダイワ 世界債券ファンド」「ニッセイ 高金利国債券ファンド」「ハイグレード・オセアニア・ボンド」など、たくさん良いファンドがあると思います。

現在のところはこの候補の中からいくつか選んでタイミングを見計らってドルコストで投資しようと考えてます。

株式と相関の低い債券に投資するのは、株式市況が不安定の時は、一つの選択肢としてありですね。

しかし外債は為替の影響が大きいので、円高が今後ますます進む懸念がある場合は、購入しづらいのも事実ですね。

--------------------------------------------

楽天証券 イー・トレード証券 マネックス証券
中国株はユナイテッドワールド証券 岡三オンライン証券中国株取引
FXならひまわり証券 外為どっとコム FX Online Japan

---------------------------------------------

ランキングに参加してます。たくさんの人に見てほしいのでクリックに協力して下さい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 株ブログへ 人気blogランキングへ

|

« 今週(11/18-11/24)の運用結果 | トップページ | 本日のトレード »

投資先探索の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週(11/18-11/24)の運用結果 | トップページ | 本日のトレード »